MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

DIAWOLF

2015.11.17UPDATE

2015年11月号掲載

DIAWOLF

メンバー:SHOW OHARA(Vo) TORA AMANO(Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-前作『Rebellion』から4ヶ月ぶりになる2nd EPが完成しましたね。今作は1曲1曲のベクトルがより明確になり、DIAWOLFらしいミクスチャー感が炸裂してますね。オリジナリティが強く前に出てきたなと。

SHOW:ああ、嬉しいですね。

TORA:最初は手探りでしたけど、今回はライヴを経て、手応えも感じてきたし、自分たちの姿が見えてきた感じがします。前作はライヴをやらずに作りましたからね。

-自分たちが見えてきたというのは?

TORA:最初はシンセを取り入れて、ハードなものを作ろうという考えしかなくて。その合わせ具合というか、"ここでスクラッチを入れよう""こういう曲が欲しい"という具体的なヴィジョンがより見えてきました。

SHOW:前作はDJの方と一緒に作業していたから、DJさんのアレンジによるところも大きくて。もっとバンド感を出そうと思い、シンセを入れなくても成り立つくらいメンバーふたりでアレンジを煮詰めて、+αで上モノと化学反応すればいいかなと。バンドという基盤があったうえでシンセを入れたから、より面白いものができたと思います。ライヴで受けた刺激を今回は閉じこめられたかなと。

-ライヴで気づかされたこととは?

SHOW:UZMK、LOKAなどと対バンして、リハの段階から超楽しくて。"わっ、こういう音楽好きだな"って頭で考えるのではなく、血が騒ぐ人たちと一緒にライヴをやれたから、その刺激を入れられたんじゃないかと。1曲(Track.3「Die For You」)だけは考えて、ミドル・テンポの曲を入れたんですけど。

-血が騒ぐ、というのはDIAWOLFがもっとも大事にしているところですもんね。

SHOW:特にTrack.4「Fallen」は、今のDIAWOLFの空気や雰囲気を象徴しているかなと。

TORA:このバンドのカラーは、サビのメロディはしっかりしているけど、他の部分で遊びがあるっていうところですね。「Fallen」はそれを反映させた曲です。それは今までの曲作りと真逆でもあって。これまではAメロ、Bメロと考えて、繋がりやサビに行くまでの展開も考えて作っていたんですけど。今やってるようなジャンルは、いい意味でそれをぶっ壊してもいいのかなと。突然サビがメロディアスになってもOKだし、繋がりがしっかりしてない方がかっこ良かったりする。それが自分の中では新鮮な発見ですね。

-ああ、なるほど。

TORA:シャウトもコード進行は関係ないし、聴き心地が良ければいいのかなと。そういう作り方に変わりました。

-自分の中にあるいろんなルールを取っ払えたと。いい意味で今作はごった煮感がありますね。

SHWO:今回は何が何だか、よくわからない感じにしたかった(笑)。いつも優等生になって、カテゴライズして作りがちなんです。でも今回は、いろんな要素を混ぜてみて、それが個性になればいいなと。カテゴライズできないベクトルに進みたいし、その第一歩的作品になったと思います。

-最初に聴いたときはすぐに飲み込めなくても、繰り返し聴くうちに曲の構造や面白さが伝わる楽曲もありますからね。

SHOW:ラウド・シーンには国内でもかっこいいバンドがたくさんいるし、ヨーロッパと比べてもタイムラグも感じないし、その中でやる覚悟が芽生えてきました。普通にやっても人の心は動かないと思うので、ある意味ごった煮感は意識しましたね。TORAはどうかわからないけど。

TORA:こういうジャンルは個性を出すのが難しいですね。例えばヴィジュアル系は何でもありだし、楽曲の幅は広いんですよ。ラウドロックはジャンルとしてできあがっちゃってるから、縛りはものすごくあるのかなと。だからこそ、自分独自のフレーズや構成を考えなきゃいけない。

SHOW:あと、強いて言うなら、「Fallen」のスクラッチはかなりかっこいい!

TORA:ははは。DJの友達ですげえスクラッチがうまいヤツがいると言われて、その人に入れてもらったんですよ。ものすごく上手でした。

SHOW:相談したDJからは、誰でもスクラッチができるとは思わないでくれと言われました。速弾きみたいなものだからって(笑)。

TORA:DJに関してはそこまで詳しくないけど、相当上手いみたいです。そんなスクラッチが入ってます(笑)。ひっくり返るレベルらしいです。

-"こんなふうにやって欲しい"みたいなリクエストはしたんですか?

TORA:注文の仕方すらわからなかったですからね。とにかく、かっこいいスクラッチを入れてくれと。

SHOW:そこも自分たちでやれるところまでやりきったからこそ、何が来ても大丈夫だと思ったんですよ。ライヴはDJがいるスタイルだから、そういうテイストが必要だと思ったからこそ、入れたんですけどね。期待以上のものができました。

-曲作りの面で具体的に変化したところはありますか?

TORA:そうですね。前作はアレンジャーの意見も半分ぐらい入ってましたからね。良くも悪くも普通の構成になったところもあったから。今回はふたりで構成をガッチリ高めて、フル・コーラスを作ろうと。