MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

DIAWOLF

2015.11.17UPDATE

2015年11月号掲載

DIAWOLF

メンバー:SHOW OHARA(Vo) TORA AMANO(Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-特にTrack.1「Turbulence」はインパクトがありますね。

SHOW:どれを表題曲にするのか、すごく迷ったんですよね。この曲はパワーが1番あるかなと。

-曲のアイディアはどういうところから? もはや"全部乗せ"状態でいろんな要素を詰め込んでますよね。

TORA:間違いなくそうですね(笑)。とにかく展開を広げたくて。横スクロール・シューティングみたいに曲が進むように作曲しました。常にまっすぐ進んで戻る道はないみたいな。どんどん新しい敵が出てくるというか。

-"魔界村"(※ゲーム)みたいな?

TORA:そうです! 進むだけの楽しさみたいなものが欲しくて。いつもアバウトなんですけどね(笑)。

-例えはわかりやすいです。

TORA:最後まで行ったらクリアみたいな。途中にサビというボスがいて、エンディングが来るという。

SHOW:工夫しないとありがちな表現になるので、いかにありきたりにならないかがテーマでした。だから、ネイチャー系のSEだったり、音の表現が3Dになるように意識しました。パーティー・ロック以上の意味を持たせたくて。

-既存の枠組みにハマりたくない、という気持ちは強く出てますね。

SHOW:実は「Turbulence」は前作の前からあった曲なんですよ。メロディが好きすぎて、もったいないからとっておこうと。DIAWOLFをやろうと思ったときに、最初にできた曲なんですよ。

-あっ、そうなんですね。

TORA:新しい形のラウドロックをやりたいと思って、こういう感じかな?って。

-DIAWOLFの初期衝動が詰まっていると。

TORA:1番詰まっているかもしれない。ドラムの方にはご迷惑をかけるかなと。叩くのは大変ですからね(笑)。

-Track.2「UNCHAINED」はメロディアスな曲調ですね。

SHOW:前作はラウドロックの体制でありながら、コード進行は複雑で、日本の歌謡曲に通じるものを意識していたんです。それをもっとシンプルにして、オシャレな響きに聴こえるようにしたくて。自分の中にあるDIAWOLFらしさを表現しました。だけど、TORAが作った「Turbulence」、「Fallen」に負けた感があるから、ちょっと悔しいなと(笑)。

TORA:はははは。

SHOW:抑えきれない衝動というか。鎖を引きちぎって、前に進もうとするテンションは歌詞に込められたかなと。あと、自分が好きな静と動を曲の中で表現できたかなと。日本舞踊や能も好きだから、それに通じる静と動の世界を表わすことができたし、それが曲の個性に繋がっていると思います。

TORA:「UNCHAINED」を初めて聴いたとき、めっちゃいい曲だなと思いましたけどね。サビのメロディなんて、今までの中で1番いいんじゃないかな。最初、この曲がリードかと勘違いするくらいだったから。レコーディングもこの曲は弾くのが楽しかったですね。

-どのあたりが気に入ってますか?

TORA:自分に合ったリズム感だったからですかね。

-KORNを彷彿させるヘヴィなベース・フレーズもありますね。

SHOW:はははは。

TORA:俺がベースを弾いてるんですけど、勝手に楽しんじゃいました。たしかにKORNぽいですね(笑)。逆にギターだと照れがあって、フレーズは何々っぽくしようとは考えないんですけど。ベースを持たされると、ついやっちゃいました。

-プレイヤーとしての楽しさが伝わってきますよ。

SHOW:この曲はライヴが楽しそうですね。

-そして「Die For You」はストレートな曲調で、バラードと言っていいような仕上がりですね。

SHOW:ミドル・テンポだけど、バラードに聴こえないように頑張ったつもりなんですけどね。やっぱりつけるメロディが歌謡曲テイストですからね。それは自分の良さだと思うようにしているんですけど、かなりメロディアスですよね。結果、バラードになっちゃいました。いつかワンマンをやったときに、シンガロングしてもらえるような曲かなと。