MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

DIAWOLF

2015.06.15UPDATE

2015年06月号掲載

DIAWOLF

メンバー:SHOW OHARA (Vo) TORA AMANO (Gt)

インタビュアー:吉羽 さおり

-たしかに出るころには古いってなっちゃいますね。

TORA:そのバランスは難しいなと思うんですけど。結局は、自分がかっこいいと思ったものを取り入れているので。これだったら、続けてやっていけるなっていうものを出していってますね。

-そしてTrack.5「INFERNO」はハードコア寄りなバンド・サウンドですね。

SHOW:この曲は、10代のときにラウド・シーンが盛り上がって、日本にもラウドなバンドが生まれて。山嵐とか、UZUMAKIを聴いていたときの、はちゃめちゃな感じを出したいっていうものだったんです。曲のベーシックはそんな感じ。のっかっているシンセがどっちかっていうと音色がEDM寄りなので。ちょっと今っぽい部分もあるんですけど、そこは、みんなでわちゃわちゃできればいいなっていう。そんな思いで作りました。

-やっぱり、こういうラウドな曲はSHOWさんなんですね?

SHOW:そうですね、(TORAは)バランスとってくれたのかな?

TORA:(笑)そうだね。どっちかというと今回は自分の方が後出しなので。SHOW君が先にデモを上げてきた曲を聴きながら、作曲をしていたので。バランスをとって、いたのかな?

SHOW:「Everlasting Flavor」に関しては完全に彼がこういうのないからやった方がいいねって作ってくれたものなので。僕はもともとやってるバンドと似たようなことやったらつまんねえなっていうので、せっかくだったらという気持ちで作っていました。

-今は、他にもいろいろ曲制作はしてるんですか。

SHOW:そうですね。デモだけなら、もう1枚EPを出せるくらいはありますね。デビューEP出して、初ワンマン目指して頑張りますっていう(笑)。ほんとそういう気持ちなんです、今。意外と、と言ったら変ですけど、ちゃんと初心に帰れるんだなって思ったんですよね。スキルが身についたり、いろんな経験を積んで、もうワクワクできなくなっていたらどうしようって思っていたんですけど、すごく楽しいんです。

-曲を作りながらいろんな発見もしていますしね。まだ可能性は広がるし、何を合わせても面白いものにできそうって発想になって、これからますます楽しくなりますね。

SHOW:そうですね。僕たち出会って、12年くらいバンドやってるんですけど。でもやっぱり、やり始めたら、デビューなんだっていう感じがするんですよ。こうやって作品を作って、現時点で最高のものができたんだけど、もっともっと――逆にこの作品を作ったことによってもっとやりたいこととか、もっとお客さんと見たいヴィジョンが明確になってきたんですよね。

-先ほどのクラブ・シーンの話じゃないですが、両方をボーダレスでライヴをするっていうことも視野に入りますね。

SHOW:もともと、ライヴに来る人の固定概念、既成概念をとっぱらって、ハコに来る人に楽しんでもらいたいっていうところから始まっているので。ラウドロックも結局、お客さんは踊っていると思うし、クラブ・ミュージックでも踊っているし。そこにある共通するものって、グルーヴとかビートに身を任せて、他の人と高揚感を共有していることが気持ちいいのであって。根本は一緒だなと思うんです。だからDIAWOLFは、DJとライヴ・イベントを密接に主催で展開しているし、そういう根本にある思いをみんなでグルーヴして楽しもうぜっていうのがあるので。そこは大きく、広げていきたいなと思ってます。

-DIAWOLFを始めたことで、DJ然りいろんな出会いがあったと思いますが、より横の繋がりも増えてます?

SHOW:TORAはもともと顔が広いんですけど。でも、僕はすごく変わりました。

-そこで得たものっていうのは、これから還元されていくんでしょうね。

TORA:ハードコアのバンドなんかと一緒にやると、ハードコアとかロック・バンドとかのライヴに向かう姿勢を、直に感じますよね。同じ楽屋から出発するっていうのかな。それを感じられる。そういうところって、今まで自分たちがいたシーンとは、違うのかなとは思うんです。ステージに熱い心で向かって行くんだなって。もちろんそういう熱い気持ちはうちらのジャンルでも変わらないんですけど。そこに辿り着く姿勢とか、自分たちのテンションの上げ方とかも、ジャンルが違うとちょっと、違いはありますね。

-1番の違いっていうと?

TORA:みんなでそのイベントを作ろうとする姿勢ですかね。うちらのジャンルだと、同じジャンルのバンド同士が集まると、個々で高めてステージに上がって帰ってくる感じなんです。こっちのジャンルの人は、みんなでまとまって、みんなでこのイベントを盛り上げようぜっていうのが強いなとは感じますね。

-7月にこのEPがリリースされて、ライヴも決まっているところですが、ここからガンガンやっていこうというモードですか。

SHOW:そうですね。イベントも定期的にやっていこうと思ってるものなので。でも、中途半端には絶対したくないし、DIAWOLFを好きでいてくれる人や仲間を増やしていきたいので、『Rebellion』を聴いて面白そうだなと思ったら、スケジュールをチェックして遊びに来て欲しいですね。

-企画イベントで対バンするバンドも、自分たちで声をかけている状態ですか。

SHOW:そうです。今までのシーンの人を呼んでしまうと、ムダにちやほやしてくれちゃうので(笑)。それだとつまらないので。"誰だお前?"ってところから始まった方が楽しいなって思うんです。今のところは、結構、飲み友達始まりなのかな(笑)?

TORA:そうだね(笑)。

SHOW:で、その飲み友達の、友達とか(笑)。

-いい広がり方ですね(笑)。

TORA:こっちの業界の人ってそういうのが強いですよね。とりあえず、友達だから一緒にイベントやろうぜっていうね。仲間内で盛り上がるっていう姿勢はすごく感じる。それを、形にしてくるんですよね。