MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRL

2015.01.16UPDATE

2015年01月号掲載

KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRL

メンバー:Yasuhiro (Ba) Yuki (Dr) Dieshi (Vo) Yuli (Gt)

インタビュアー:米沢 彰

-メンバー脱退、一時活動休止を経てのニューEPリリースとなりましたが、リリースを前にした今の率直な気持ちを教えて頂けますか?

Yuki(以下Yk):素直に嬉しいです! あとはお久しぶりなので緊張です(笑)。

Dieshi(以下D):リリースへの不安とか心配はあまりないです。すごく良いものができたと思うしワクワクしています。早く発売しろー! 発売日になれー! と毎日思っています(笑)。

Yasuhiro(以下Ya):2枚目を出せて嬉しいですし、早くライヴをしたい気持ちでいっぱいです!

Yuli(以下Yl):1年近く溜めていたものをやっとみんなの前に出せるので"早く聴いてほしい!""新体制のライヴを観て欲しい!"とうずうずしています!

-差し支えなければ、脱退に至った理由を教えて頂けますでしょうか?

Yk:簡単に言えばモチベーションの差だと思います。前回のツアーで彼の中にあるバンドというものが完結してしまっていて、次回作に対する意欲にメンバーとの差が生まれてしまったことですね。

D:バンドに対しての熱量に大きな違いがうまれてしまったのが1番です。彼自身それをすごく悩んでいて。そこから互いにいろいろ話し合った結果、脱退するのが1番の方法ということになりました。でも全然苦い思い出ではなく前向きな気持ちでこうなったので良かったと思います。

-メンバーの追加は行わずにEPを完成させたことになりますが、変化ややりにくさはあったりしましたか?

Ya:メンバーは、昔からの付き合いだし、やりにくさなどは一切ありませんでした。

Yl:ただギターが1本減ったことで制作中に物足りなさや、コーラス・ワークをどうしようと考えることは多々ありましたね。

Yk:当時唯一コーラスをしていたメンバーだったのでヴォーカル・ワークは苦労したと思います。

D:でもやりにくさは自然とそこまで感じられませんでした。このメンバーで長いことずっとやってきたので信頼もありますし、クセも分かる部分はあるし、いつも通りでしたね。

-"お米タルコア"を掲げているKYHOMGですが、このEPではヘヴィなサウンドは残しながらも、特に"コア"の部分が随分と減ったようにも感じました。ご自身では変化を感じていたり、あるいは意図していた変化はあったりするのでしょうか?

D:お米タルコアは黒歴史的発言ですね。恥ずかしい(笑)。前作EPの「By The Way, If」や「Life Is」のようなキャッチーさが今作では特に欲しかったのですが、前作のEPも意識しつつ作ったので変化というよりは進化だと僕は思っています。

Yk:メンバー間では変化は感じていません。ただ僕らの最大の武器であるメロディをもっと前に出していこうという話は制作前にしていましたね。

Ya:Dieshiのメロディが勝負できるところなので、メンバーのみんなもぜひ挑戦して欲しいという話になって。

Yl:バンドの武器であるメロディをもっと前面に出して、みんなでライヴで歌えるサビ、聴きやすいキャッチーさを取り入れることを最終的に意図しました。

D:ただ、基本の音楽性の部分はしっかりしつつも、ジャンルにはあまりとらわれたくないですね。

-Dieshiさんのハイトーン・ヴォーカルはそのキレにさらに磨きがかかっていますね。今作でのヴォーカル・ワークに関して、意識したことや挑戦したことがあれば教えて頂けますか?

D:実は活動休止してからレコーディングするまでの約半年間、まったく歌いませんでした。筋トレとかボイトレとかも一切しなかったです。ただ、こんなふうに歌いたい、こういう声を出したい、というイメージ・トレーニングだけは毎日していました。声を出すことから離れ、自分の歌いかたや声の出しかたを1回すべて忘れて、やりたいことだけを強く意識した結果が今回のヴォーカル・ワークに繋がったと思います。

Ya:今まで楽曲は、メロディ、歌詞ともにDieshiに任せていたのですが、今回は数曲こうした方が良いんじゃない? などみんなの意見も交えてみたんです。そしたらめちゃくちゃいいメロディ・ラインにDieshiがまとめてくれました。