MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRL

2015.01.16UPDATE

2015年01月号掲載

KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRL

メンバー:Yasuhiro (Ba) Yuki (Dr) Dieshi (Vo) Yuli (Gt)

インタビュアー:米沢 彰

-作曲やレコーディングのプロセスは地元の新潟で行いましたか?

Yk:はい、ミックス、マスタリング以外はすべて新潟です。

Yl:エンジニアは a crowd of rebellionのギターの漠率いるNOW CREATIVEにお願いしました。普段から一緒にいる仲間とのレコーディングだったのでとてもリラックスしてできました。

Ya:ミックス、マスタリングは初の海外でお願いしました。

-地元新潟のシーンの今の盛り上がりは現在どのような感じなのでしょうか?

D:かなり盛り上がってきていると思います。

Ya:若手からベテランのバンドまでガツガツ音源制作や県外にもツアーしていて、常に良い刺激をもらっています!

Yl:ハードコア、メタル等のラウド・シーンの若手たちがとても精力的に活動しているのでとても盛り上がってきていると思います。

Yk:他にも今まであまりみられなかったポップ・パンクやパワー・ポップなどが徐々に増えてきている様に感じます。

D:このジャンルだけじゃなくて、かなりグイグイ来ているアーティストがたくさんいるので新潟のミュージック・シーンのチェックもぜひよろしくお願いします!

-同郷のa crowd of rebellionも順調にステップを上っていますね。仲間であると同時にライバルでもあるのではないかと思いますが、意識している部分や、同郷の仲間意識などはありますか?

Yk:結成当初から一緒にやってきたので仲間意識は他のどのバンドよりもありますね。

Ya:意識している部分は、少なからずありますが、今のバンドができてからずっと一緒にやっていましたから、これからもずっと仲間ですよ。

Yl:バンド結成からお互い切磋琢磨してきた仲間なので、いい意味でライバル意識はあり、彼らの活躍も自分のことのようにとても嬉しく思います。

D:彼らがステップ・アップすれば僕らは素直に喜び、僕らがステップ・アップすれば素直に喜んでくれます。お互いずっと新潟でやってきたし、本当に大切な仲間だと思っています。プライベートで一緒に遊んだり酒飲んで騒いだりもします。勘違いして欲しくないのですが、変に意識したり、ライバルだとか僕は思っていません。大切な仲間、大切な友達、それ以上でもそれ以下でもありません。

-リリース後の予定を教えて頂けますか?

Ya:リリース後は、すぐツアーします! 今回初めて行かせてもらうハコもあるので今から楽しみです。

Yl:それまでスキルを磨いて早くみんなの前に立ちたいです。

D:とにかくツアーなど、ライヴをたくさんやって今のKEEP YOUR HANDs OFF MY GIRLをしっかりと見せつけていきます。あとは曲作りにもまた力を入れて来年や再来年のことも視野に入れていきたいです。

-バンドの今後の目標やヴィジョンがあれば教えてください。

Yl:世界制覇です(笑)。

D:とにかく自分たちがかっこいいと思えるものをずっと貫いていきたいので、それを貫き通せるような環境に身を置けるようにすることですね。あとは単純にフェスに出たいです。

Yk:ツアー・サポートなどしつつガンガンステップアップしていきたいです。新潟はもちろん、県外でもワンマンできるくらいの気合いでいきます!

Ya:年内にまた制作してもう1枚出していずれ海外ツアーもぜひしてみたいです!

-最後に激ロック読者へメッセージをお願いします。

D:僕らの新作EPである『FORTITUDE』はマジでやばい仕上がりになっています。僕らもものすごくお気に入りの1枚になりました。ぜひ聴いて聴いて聴きまくってライヴにも遊びにきてください! これからもよろしくお願いします!

Yl:みなさんお待たせしました。今作は涙あり、笑いありのプロセスを経てとてもクオリティの高い作品に仕上がりましたので、ガンガン聴いてライヴに遊びに来てください!

Yk:長らくお待たせしました! とてもいい作品ができたと思います! 是非みなさんの耳に僕らの音を聴かせてやって下さい。そんで気に入ったらライヴハウスに遊びに来て下さい。一緒に騒ぎましょう!

Ya:今回僕らにとって過去最高の6曲ができました。ぜひ1月21日宜しくお願いします!