MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FEELFLIP

2014.05.20UPDATE

2014年05月号掲載

FEELFLIP

メンバー:TOMOYA (Vo/Gt) IKKE (Ba) TOSHI (Dr) PON (T.sax) MOCK (B.sax)

インタビュアー:山口 智男

-何かが起きそうな新作が完成しましたね!

IKKE(以下I):そうですね。今まではスカ・パンクという音楽に、うちらが寄っていった感覚があったんですけど、今回はスカ・パンクから広がっていくようなイメージがあります。メンバーそれぞれにルーツがオール・ジャンルと言えるぐらい、いろいろあるんですけど、それを取り入れていったという意味では、タイトルで謳っているスカオティックという言葉がぴったりの作品になりました。

MOCK(以下M):勝手に作った言葉ですけど(笑)。

I:スカとカオティックを組み合わせた造語なんです。

-なるほど。その辺の話は追々窺っていくとして、まずFEELFLIPがどんなバンドなのかというところから改めて聞かせてください。もう10年ぐらい活動歴があるそうですね?

I:今年でちょうど10周年なんです。10周年記念のツアーをやろうということで、今回の新作をリリースすることになりました。

-最初はどんなふうに始まったんですか?

I:ヴォーカルのTOMOYAと僕が専門学校の同級生で、そこでPOTSHOTやKEMURIに憧れて、スカという音楽をやってみないかって感じで、ホント、趣味の延長として、3年ぐらいやってたんだっけ?

PON(以下P):2年だね。最初の時のメンバーも今とは全然違って、当時は7人とか8人とかいたのかな。女の子もいて。ヴォーカルも違ったんですよ。

I:元々、ピン・ヴォーカルがいたんです。

P:その後、当時、ギターだったTOMOYAがヴォーカルもやるようになって。僕はそのタイミングで加わったんですけど、それから2年おきぐらいにメンバーが入れ替わって、今のメンバーになったのが3年前ぐらい。

M:僕が入って、そこから男だけの5人編成になりました。

P:新作は現在のメンバーで初めて作ったアルバムでもあるんです。

M:ミニとシングルはリリースしてたんですけど、フルはまだ出してなかったんで。バンドに入ってからやっとフルが出せるという感慨が僕はあります。

-PONさんとMOCKさんはどういうつながりでこのバンドに入ることになったんですか?

P:僕はメンバー募集に応募したんです。たまたまFEELFLIPのライヴを観て、バンドのウェブサイトを見たら、サックスを募集してたんです。それまでずっとサポートや先輩のバンドのレコーディングに1曲とか2曲とかだけ参加するっていう活動をしてたんで、バンドをやってみたかったんです。

M:俺は以前はツートン・スカのバンドをやってたんですけど、そのバンドが解散してふらふらしてるとき、何回か対バンして仲良くなっていたTOMOYAから"うちでやってみないか?"と誘われたんです。でも、他のメンバーとは1、2度顔を合わせただけだったんで、ちょっと不安になったんですけど、"他のメンバーは承知してるんだよね?"って聞いたら、"もちろんだよ"って。そしたら! 初めて顔を出した時のみんなのびっくりした顔は今でも覚えてますね。

P:聞いてなかったんですよ。

I:いきなり"入ったから"って言われて。

M:最初はどうしようって。でも、最初からスカとは言え、FEELFLIPは以前のバンドとは全然違うサウンドだったから、それも含め、やってやれって覚悟を決めて飛び込みました。

-メンバー全員共通している音楽がスカとかスカ・パンクとかなんですね?

I:そうですね。それが唯一の共通点。ヒップホップが好きなメンバーもいるし、メタルが好きなメンバーもいるし、レゲエが好きなメンバーもいる。ホントにオール・ジャンルなんです。他のバンドだったらバンドとして成立しないと思うんですよ。でも、うちのバンドは成立できちゃってる。そういうところが新作にも出てると思います。

-ちなみに、今いる4人はスカ/スカパンク以外で好きな音楽と言うと?

P:サックスを始めたとき聴いたのがジャズ。でも、元々、Hi-STANDARDが大好きで、バンドやりたいなってずっと思ってたんですけど、手にしたのがギターではなく、なぜかサックスだったんで(笑)。そこで見つけたのがLESS THAN JAKE、POTSHOT、KEMURI。あ、こういうバンドがいるんだと思って、それからいろいろ探してるうちにFEELFLIPに出会ったんです。

I:僕は元々、MR.BIGやDEEP PURPLEのコピー・バンドをやってました(笑)。ハード・ロックやメタルが大好きだったんです。正直、このバンドを組んだ時もPOTSHOTやKEMURIがきっかけではあったんですけど、そこまでわかってたかと言ったらそんなことはなくて。でも、やってるうちに気づいたらスカ・パンクにどっぷりハマってしまって(笑)。

-MOCKさんは?

M:スカを聴くようになったきっかけは東京スカパラダイスオーケストラかな。大所帯のバンドが好きだったんですよ。ジャズをやってた時もビバップではなく、ビッグ・バンドでした。いっぱい音が鳴ってるのが好きなんですよ。その一方では中学ぐらいの時にGREEN DAYを聴いて、これ以上に最高のバンドはないと思って、パンクを掘り下げて......と言いながら、ヒップホップもずっと好きで。特にJラップが好きなんです。RHYMESTERとかZeebraさんとか。そこからレゲエも聴くようになりました。