MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

DRADNATS

2014.03.07UPDATE

2014年03月号掲載

DRADNATS

メンバー:キクオ (Vo/Gt) ヤマケン (Ba/Cho) トノ (Dr/Cho)

インタビュアー:吉羽 さおり

-きちんと前を向いての1年半ですから、充実していますよね。トノさんは、今回の制作やレコーディングのときの面白さはどういうところでしたか。

トノ:今まで、ドラムをやるときに、思い切って出せなかった部分があるんですよね、これは今だから言えるんですけど。それを引き出せたような感じがすごくあった。テンションっていうものが、明確に音になるんだなっていうのを確信したというか。そのテンションでその音が鳴るっていうふうには、やっていましたね。

-レコーディングでもアイディアを試したり、変えたりやっていくという流れですか。

キクオ:健さんはギタリストで、それこそKEN BANDだったらギター&ヴォーカルで、唯一自分と同じパートなんですよ。だから、ギターに対してとかどういうものがくるのかなっていうのがすごくあって、興味もあったけど、ちょっと不安な部分もあってみたいな。レコーディングまでのスタジオ・ワークの中では、ダメだし的なことはなかったので。これはもしかしたらREC中にくるのかなって。対応できるのかどうかわからないですけど、それで俺がブレるのはまずいなと思っていたので。気持ちの整理だけはしっかりして臨んだっていうのはあるんですけどね(笑)。実際のところ、僕の持ってる引き出しとか、技術的なところは健さんもある程度把握していたみたいなので、明らかに難しいこととかは言われなかったですね。ただ、次回に向けて、今後の僕のギタリストとして足りてない部分は、RECが終わった時に具体的に教えてもらって。それこそ、こういう曲を聴いたほうがいいとか、こういうギタリストのフレーズを聴いた方がいいっていうのを、細かくピックアップしてくれたりして。

-プロデューサーという目線でよく見てくれたんですね。歌詞も、いい意味で強気で曲の勢いに乗って強く前に出てくるフレーズになってますね。それもこういった制作があったからですか。

キクオ:最初、全曲の歌詞を健さんに送って、きた返答が、これでいいならいいけどっていうものだったんですね。結構前向きな歌詞とかが多かったんです。それこそ、俺らだったら不可能ないよみたいなとか、まあ......当たり障りのない歌詞もあって。それに対して、例えばこういう前向きなセリフを、支持の高い、ロック・アーティストが言えば説得力があるにしても、僕らはまだまだこれからなので、っていうところでこれを言っても嘘くさく伝わることもあるからっていうことを言われて。ほんとに思ってることを書いていいんだよ、って言われたんですよね。メロディックのバンドって結構多いと思うんですよね、いい意味で言えば前向きなんですけど、当たり障りない歌詞が多いというか。で、ポジティヴなことをいうスタンスが最近は多いので。そういうのに寄せなくてもいいんじゃないかっていうのは、言ってもらったんですよね。それで書き直したんです。

-普段思ってることを書こうと。

キクオ:"書き直しだー"とか思って、急がなきゃみたいな感じはあったんですけど。冷静に自分と向き合って、書き始めてからはすいすい書けるようになってきて。それこそ、俺こんなこと思ってたんだみたいな。それなら、思うこと全部、やりすぎるくらい書いてみようかなっていう感じですかね。日々のイライラだったり。それこそ前向きなことを言ってるやつに対しての不満だったりとか、そういうのがいっぱい出てきちゃって(笑)。前向きというよりは、現実的なことを主体に書いてしまえと。これを読んでどう思われるのかわからないですけど、自分の中では新しい扉が開いた感じがしたので、すごい満足してるんです。