MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

DRADNATS

2014.03.07UPDATE

2014年03月号掲載

DRADNATS

メンバー:キクオ (Vo/Gt) ヤマケン (Ba/Cho) トノ (Dr/Cho)

インタビュアー:吉羽 さおり

-腹を括って、バンドとしてより大きくなりたいという気持ちあってのことですよね。

ヤマケン:そうですね。今までは、俺たちはパンクやってるんだから、自分たちの力でのし上がっていくんだってイキがっていた時期もあったし、それもすごい大事なことだと思うんですけど。年も取っていって、友達のバンドマンたちも就職だ、結婚だって、どんどん辞めていって。30歳を超えて、そういう変なプライドはいらないんじゃねえかなと思って。恵まれていることに、PODの人とか健さんも仲良くしてくれていたので。その人たちの力を借りることは、別にダサいことじゃないんじゃないかなって、自分たちの掲げている目標がある以上はね。で、心境の変化じゃないですけど、そういうふうに動いたっていう感じです。

-そこからはすぐに話がまとまっていったんですか。

ヤマケン:そうですね。みんなで決めるレーベルだから、健さんだけじゃ決められないっていう話だったので、ちょっと待っててみたいな。そしたら連絡がきて、やるなら俺のプロデュースでやろうっていう。

-その時点でプロデュースのお話もあったんですね。実際にアルバムの制作に入っていく中で、じゃあ、どんな作品にアルバムにしていきたいのかや、意気込みはどうでした?

ヤマケン:曲は全部自分が作ってるんですけど。曲作りの段階で健さんに、5段階評価で4か5しかいらないみたいなことを言われたんですよ。アルバムを作るにあたって、いろんな作り方があると思うんですけど、今回は、4か5しかいらないって言われたので、全部、名曲にしなきゃいけないわけじゃないですか。何も考えずひたすら、作りましたね。とにかく曲を出して、健さんに送って。"微妙"みたいな(笑)。

キクオ:(笑)

ヤマケン:微妙かあ......って。俺が曲を作ってバンドで煮詰めて形にするわけじゃないですか。そのときには、これ結構きてるでしょって、盛り上がって送るので。で、スタジオでどうだった?ってメンバーに訊かれて"微妙だったらしいよ"って。"そうか......またやろう"みたいな(笑)。それの繰り返しでしたね。

-そんなふうに、第三者が曲を客観的に見るのはこれまでなかったやり方ですか。

ヤマケン:あったんですけど、自分たちの中でプロデュースっていうものがなんなのかっていうのが、そこまでわかってなかったんですよね。今回は、自分たちの憧れている人間というか、すべてにおいて認めざるを得ないことをやってきた人間と一緒にやるっていうことが決まって、バンドの中でもそうだし、個人でもそうだけど、この人の言ったことは自分が納得いってなくてもOKにしようって決めて入ったんですよね。じゃないと健さんがプロデュースをしてくれる意味がないと思って。なので、第三者というよりも、ひとつの合格ラインみたいのを設けたのは今回が初めてかもしれないですね。