MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

DRADNATS

2014.03.07UPDATE

2014年03月号掲載

DRADNATS

メンバー:キクオ (Vo/Gt) ヤマケン (Ba/Cho) トノ (Dr/Cho)

インタビュアー:吉羽 さおり

-かつてない基準を設けてひたすら曲を作っていったことで、発見というか、なにか掴めてきたものっていうのはあったんですか。

ヤマケン:うーん、意外と曲作れんだなと思いましたね(笑)。

-それは、いい気付きですね(笑)。

ヤマケン:そうですね。いい意味で自分の限界を設けなかったので。どんどん、どんどん、曲を書くじゃないですか。それをバンドに持って行って形にしてっていうのを、ほぼ毎日、1年半くらいやっていたんですけど。別に楽しかないんですよね、ぶっちゃけ。ライヴがいちばん楽しいじゃないですか。それと比べちゃいけないですけど、でも意外とそういうのを割り切って曲作りも含めてバンド活動って思えたのは、今回が初めてかもしれない。ケツ叩いてくるのがトップの人だったし。どんなにケツ叩かれても嫌じゃなかったですからね、やっぱり。いい曲、OKが出る曲もあるので。そういうのもあって、楽しかったっていうのもあるし。個人的には、あ、俺ドMなんだって思いました。ずっとSだと思ってたんですけど。叩かれて叩かれて、輝きだすみたいのは初めて思いましたね(笑)。

-いい曲は手放しで盛り上がってくれるわけでしょう?

ヤマケン:これいいじゃんみたいなのを、一緒にスタジオに入って、さらに細かく完成度を上げていくみたいな作業でしたね。

キクオ:健さん的にピンときたときは、健さんは俺ら以上にすごいテンションも高くて、すごいキラキラしてるというかね。じゃあ、これをこうしていこうかとか。ギターのリフを変えてみようかとか、ここはコードはキープしておこうかとか、健さんのアレンジが入るときはすごい楽しい空気でしたね。

-サウンドはすごくシンプルだし明快ですよね。曲のポイントを引き出して、さらにブラッシュアップしていったという感じで、力強いものになってると思います。

ヤマケン:楽しかったですよ、曲作り。まじキツイなっていうくらいのタイミングで健さんと一緒に入るので、そこでまたテンションが上がって。楽曲的にもいろんなKEN YOKOYAMAの引き出しだったりとか、音楽センスみたいなものを入れてもらったし。そういうきっかけは作ってもらったんですけど、なによりバンドとしてどうやっていくべきかとか――もちろん正解はないんですけど。あの人が長い間インディーズを引っ張ってきた中で培ってきたものとか、つらかったこととかもいろいろ話してくれたので。そういう話を聞けて、さらにバンドとしてひとつになる大切さとか、バンドとして大事なこととか、個人として大事なこととかをいろいろ教えてもらったので、モチベーションを保てたんですよね。1年半って普通に考えたら結構長いんですけど、あっという間と言えばあっという間で楽しかったですね。