MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BULL ZEICHEN 88

2013.08.19UPDATE

2013年08月号掲載

BULL ZEICHEN 88

メンバー:IKUO (Ba) Sebastian (Gt) 栄二郎 (Vo) 淳士 (Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-はじめましてのインタビューですので、まずはバンド名の由来を教えてください。

IKUO:バンド名は僕と淳士で作ったのですが由来は2人しか知らなくて(笑)、sebastianも栄二郎も知りません(笑)。

sebastian:まだ教えてくれないんです(笑)。

栄二郎:そろそろ教えて欲しいですね(笑)。

淳士:2人にはバンド解散後に告知します(笑) 。

-みなさんそれぞれ他のバンドやプロジェクトをやっていますので、多忙極める中でのBULL ZEICHEN 88の活動だと思いますが、実際いかがでしょうか?

IKUO:結成当初からこのスタンスではあったので、実際大変でしたし忙しいのですが、その限られた中でメンバーがそれぞれの役割を分担しつつ動いてます。

-メンバーみなさんそれぞれどういったアーティストに影響を受けてきましたか?

IKUO:ラウドやパンクからフュージョンまで幅広く影響受けていますね。

sebastian:ギター的にはオーセンティックなものが個人的には好きで、唯一歴代の神を挙げるならば、GUNS N' ROSESのSlashですね。

栄二郎:僕は基本的に何でも好きだったんで特定のアーティストさんに影響を受けたっていうのはないですね。

淳士:聖飢魔Ⅱやパンクからプログレまで幅広く影響受けていますね。

-シングル『Lovely』完成おめでとうございます。いつ頃から制作を行っていたのでしょうか?

淳士:今年の4月ぐらいですかね。

-BULL ZEICHEN 88サウンドにおいてエレクトロ、シンセは大きな特徴のひとつだと思いますが、エレクトロ、シンセ・サウンドを導入し始めたのはいつ頃でしょうか?またなぜエレクトロを導入しようと考えたのでしょうか?

IKUO:大きく導入したのは『カモン!!〜メガトン未来〜』からですね。「Lovely」は僕の好きなバンドFEAR FROM THE HATEの(河原)耕一くんに頼んで大胆に入れてみましたね!最近エレクトロや、ダブステップをよく聴いていたので入れたら面白いかなと思いました。

-3曲それぞれどの曲もリズム隊が派手に暴れていますね。リズム隊は他のバンドとの差別化という点で考えても大きな違いだと思いますが、自分たちではいかがですか?

IKUO:そこはブルハチの個性の1つだと思います。ラウドでパンキッシュですがリズム隊はあえて徹底して(笑)テクニカルにしています!

淳士:そう、徹底的に激しくムズいんです(笑)。

-リード・トラックの「Lovely」はエレクトロ色が一段と強くモダンでエッジもあり、ライヴ・キッズに非常に受けが良さそうな曲ですね。この曲ができた経緯を教えてください。

IKUO:最初に今までよりストレートで踊れるようなモノにしたいというのがありました。テクニカルなパートは極力抑えて2ステップやスカ・ダンスもできるようなグルーヴにして随所にエレクトロを取り入れてライヴでアガれる曲を想定して作りました。

-「Lovely」とは実に可愛らしいタイトルですね。曲調とミスマッチな点は狙ってのことだと思いますが、実際いかがでしょうか?

淳士:この曲の歌詞は僕が書いてるんですが、ピッタリじゃないですか?曲も、ヘヴィだけどピコピコいってて可愛いとこあるし。こんなバンドだからこそ、あえてのこんな歌詞です(笑)。

-「モラトリアム」はJ-POPテイストとヘヴィなパートのバランス感が絶妙ですね。ある意味キャッチーなこちらがシングルになってもおかしくない曲ですね?この曲ができた経緯を教えてください。

栄二郎:基本的には今まで自分が作ってきた曲感からはブレてなくて、歌詞も熱い歌詞でそれでいてライヴ感を忘れない楽曲を作ろうと思って仕上げました。今後皆で熱く歌える曲になったらいいと思ってます。

-「Someday」はレゲエ+メタル+アニソン的サビの組み合わせが面白いですね。特にサビメロは強烈なフックがあります。この曲ができた経緯を教えてください。

sebastian:去年の夏過ぎに大まかなサビメロは決まってまして、メッセージ性も含めて個人的に前向きな内容とリンクしています。歌詞も含めて割と同時進行で春前に完成しました。当初は日本詞と英詞が半分ずつ位の予定だったんですが、ほぼ英語になってしまいました(笑)。珍しくラスト・サビ前で僕自身が歌ってます。