MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GOOD4NOTHING

2012.10.05UPDATE

2012年10月号掲載

GOOD4NOTHING

メンバー:U-tan (Vo/Gt) Makkin (Ba/Cho) Tanny (Vo/Gt) SUNE (Dr/Kuchibue)

インタビュアー:荒金 良介

-言葉にするのは簡単ですけど、ルーティンに陥らず、新鮮な気持ちを持ち続けることは大変なことですよね。

T:音楽的には全く違うことをやってるわけじゃないし、GOOD4NOTHINGらしさを残しつつ、新たなことに挑戦してますからね。メンバー間でもめることもあるし、そういうぶつかり合いを経て、今いい状態をキープできてるんじゃないかな。今回は制作期間も長かったので、一度は横に置いた曲をまた持って来たりしましたからね。それはメンバー間で曲に対して賛否があるからそうなるんですけど、それを経て完成したアルバムを聴くと、単純にいいものができたな、と思えるようになって。そういうギリギリのところまで、4人の知恵や体力を絞り出したものを作品に注ぎ込めたし、それが音や曲に出ますからね。そういう意味では感覚的に『KISS THE WORLD』の頃に近いかもしれない。

-というのは?

T:あの時は、バンド的にギリギリのところまで行ったんですよ。解散するかしないか、その辺まで行ってました(笑)。当時は28歳で、最初の分岐点が来たなと思って。今回はもう一度それくらいやらないといけない必要性に迫られたというか、思いの強い作品を出さなきゃダメだなって。それがやれたから、ニヤニヤしてしまうんですよ。

-『KISS~』の頃はどうやって壁を突破したんですか?

T:ただやるしかなかったですね。全部投げ出して、逃げたいときもあったけど、やらなあかん!と思って追いこんだら、すごくいい作品ができたんですよ。ああ、人間ってギリギリのところまでいったら、いいものが作れるんだなって。

-精神的にはその頃に近い?

T:うん、SUNEが加入して、初めてそういう状況になりましたね。

-じゃあ、SUNEさんはめちゃめちゃ大変だったんじゃないですか?

S:それほど大変とは感じなかったです。加入したての頃のほうが、グルーヴの面で馴染むのに大変で。でももう慣れましたから。

-追い込まれると、自分たちのとって大事なもの、鳴らしたい音がクリアになってきませんか?

M:でき上がるまではこのアルバムが“良いのか悪いのか”がわからなくて。でもマスタリングが終わった後に聴いて、これヤバイな!と思ったんですよ。録ってるときはよくわからなかったです(笑)。

T:それだけ気持ち的にもいっぱいいっぱいでしたね。

-演奏自体もよりシンプルになってる気がするんですけど、どうですか?

T:結構いらないものは削ぎましたね。ギターのリフもいままでだとやりたいように重ねてましたけど、今回はこのリフをメインに出す為に他はやりすぎないようにしよう、とか考えました。あとは、極力ライヴに近い状態で録音しました。

-ライヴ感も前面に出ていますよね。わかりやすいところだと、ヴォーカルはきれいに歌うというよりも、生々しく叫ぶパートも増えていますよね。

U:確かにシャウトは多いですね。

-ヴォーカルが生々しくなったことで、TannyとU-tanの歌の個性が浮き彫りになっているなぁ、と思いました。

T:昔はよくどっちがどっちの声かわからないって、よく言われてましたからね。

U:やっと声も定着したのかもしれないですね(笑)。

T:U-tanとは“歌とギター”という同じパートを担当してますからね。初めは同じ音楽を聴いてたりするので、それほどキャラに分け隔てがなかったもしれないけど、それから見たり聴いたりしているものが多少違ってきて、それが楽曲の中にも消化されるようなってきたのかなって。

-前任ドラマーKawajinがいた頃と、今のSUNEさんになってからと、何か大きな違いってあります?

U:俺は今がいちばんいいと思います。Kawajinとはずっと一緒にやってきて、それなりに積み重ねてきたものはあるんですけど。SUNEが入って、一度バラバラになったものをみんなで積み上げていったから、その違いは大きいですね。

T:SUNEが入ったことで、前の3人がそれぞれの役割分担を見直すことができたし、引っ張る‥…じゃないけど、そういう気持ちが出てきました。もちろんSUNEはもっと大変だったと思うけど、ようやく横一列になったのが今回の作品なのかなと。

-なるほどね。唐突ですけど、今はパンク、メロコアというキーワードは意識してます?

U:意識はないです。好きな音楽は?ルーツは?と聞かれたら、そこになりますけど。俺らがやりたいのはGOOD4NOTHINGサウンドなので、バンドの音がジャンルになればいいなって。聴いた人がロックと思えばそれでいいし、パンクと思えばそれでいい。

T:何やったら、ハードロックでもいいし(笑)。