MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SKINDRED

2008.08.18UPDATE

2012年07月号掲載

SKINDRED

メンバー:Benji Webbe (Vo)

インタビュアー:KAORU

-初めまして!激ロックと言います。私はSKINDREDの大ファンなので今日はインタビューすることが出来てとても嬉しいです!

B:それはありがとう!今日のライブは見てくれるのかな?

-もちろんですよ!一番見たかったライヴですから。というわけで今日はSUMMER SONICですが、調子はいかがですか?日本はどうですか?

B:三度目の来日なんだけど、SKINDREDとしては初めてなんだ。昨日の大阪のSUMMER SONICはめちゃくちゃ盛り上がったし、今日もいい感じになるといいな。

-SUMMER SONICは楽しんでますか?他のバンドなど見ましたか?

B:普段はMACHINE HEADとかKORNとかへヴィなバンドとばかりライヴをやっているけど、:昨日はALICIA KEYSとかCOLDPLAYとか、最近のイギリスのバンドを観たんだけど、いつもとは違う感じでとてもエンジョイしているよ。

-SKINDREDを筆頭にして今レゲエ・ミクスチャーシーンがかなり盛り上がっていると思うのですが、ご自分ではどう思いますか?

B:俺はTHE CLASHとかPOLICEとか、70年代のレゲエとロックをミックスしたパンクロックに夢中になったものだけど、今SKINDREDはダンスホール・レゲエとメタルをミックスした音楽をやっているわけで、それが受け入れてもらえる土壌が出来たというのはとても喜ばしいことだと思うよ。

-「Babylon」の後にメンバーチェンジがありましたが、今現在のラインナップはベストな状態ですか?

B:あの時は色々あったけど、結果的にメンバー全員がちゃんと納得して円満に解決したよ。 それから三年くらいかかって今のラインナップになったんだけど、とてもいい雰囲気でやれていると思うよ。

-SKINDREDの曲作りのプロセスは?歌詞にもとても力を感じるのですが。

B:常に歌詞や、歌詞になり得るストーリーを書いているよ。「State Of Emergency」については先に曲の題名を考えて、後から歌詞を付けていったな。

-最近どのような物事にインスパイアされて歌詞を書きましたか?

B:最初はもっと政治的なものを入れようと思ったんだけど、そんなにディープなものではなくて、実生活レベルで起こった本当の体験、例えば飲みに行った時に起こった出来事だとか、ストリートでの出来事を取り入れるようにしたんだ。それが俺が一番インスパイアされるものだし、結果的に身の回りにあることを歌詞にすることによって、みんなにも興味を持ってもらえると思うし、一番リアルに感じてもらえると思うんだ。