MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

ORIGIN EP

"泣けるラウド"をテーマに掲げ、地元福岡を飛び出して全国区で活動するエモーショナル・ラウドロック・バンドの初の全国流通作品。サウンドは彼らが培ってきた叙情的要素やラウドロック的アプローチがより洗練されていると共に、曲進行や世界観にメジャー感を感じさせる。そして、shouta(Vo)の口から紡がれる歌詞は、ネガティヴもポジティヴも引っくるめた嘘偽りのない等身大のそれだ。心に刺さる部分もあれば、優しく包み込んでくれる部分もあり、複数の豊かな表情を兼ね備えたPORFIDIO流の"エモ"が表現されている。バンドとしてワンランク上の段階に進んだ意欲作であることは間違いない。"明日の自分が憂鬱で......"、そんな悩みを抱えている貴方に、もう一歩踏み出す勇気を与えてくれる1枚だ。