MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Hide and seek

MEPHISTOPHELES

『Hide and seek』

Release Date : 2018-09-26
Label : キングレコード
¥2,700

伝説を超えた、現在進行形の奇跡がここにはある。かれこれ34年もの歴史を持つヘヴィ・メタル・バンド、MEPHISTOPHELESにとって約3年ぶりとなるこの最新作は、HIRO(La'cryma Christi/Creature Creature/Gt)とhibiki(Silex/SABER TIGER/ALHAMBRA/Ba)という強力なサポート陣を迎えたうえで、かのX-RAYやTERRA ROSAでも名を知られる岡垣正志氏がサウンド・プロデュースを担うことにより、MEPHISTOPHELESにとっての新次元を切り拓くこととなったようだ。また、7曲目の「Dictator ship」では現在シーンの中で強い存在感を放っているlynch.の葉月がゲスト・ヴォーカリストとして参加している点も非常に興味深い。これぞジャパメタ王政復古の大号令なり。 杉江 由紀