MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

CALL MY NAME

AXESSORY

『CALL MY NAME』

Release Date : 2017-12-06
Label : アットチュード
¥3,024

Sadieが活動休止してから約2年。その動向が注目されていたベーシスト 亜季がついに狼煙を上げた。焦燥感と疾走感が交錯しながら、激しく音像として溢れ出す「VOID」。無機的なサウンドと、プリミティヴなAKIのヴォーカリゼーションが絶妙な噛み合いをみせる「HYENA」。ラウド&ヘヴィな音の渦がライヴでの盛り上がりを予感させる「X TIMES」やメロウで美しい「MORE THAN WORDS」。曲の方向性はばらけているものの、AKIの内面が色濃く投影されている意味ではどの曲も徹底している。BREAKERZのSHINPEIがギターでゲスト参加している表題曲「CALL MY NAME」は、中でも要注目。歌詞の最後を締めくくる"CAN YOU HEAR MY HEART?"という一節が、実に刺さってくる。 杉江 由紀