MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Youth Authority

GOOD CHARLOTTE

『Youth Authority』

Release Date : 2016-09-07
Label : SMJ
¥2,376

今年、結成20周年を迎えたGOOD CHARLOTTEが約6年ぶりにリリースした6thアルバム。ダンス・ミュージックにアプローチするほか、3~5枚目のアルバムではポップ・パンクに止まらない果敢な挑戦を続けてきた彼らが、今作では原点回帰。1枚目と2枚目のアルバムをプロデュースしたJohn Feldmannを三度起用して、ポップ・パンクを誰からも愛される現代のポップ・ミュージックに昇華させたころのサウンドを蘇らせている。そこにはもちろん、パンクではなくポップ・ミュージックの担い手としての矜持があるのだろう。ポップ・パンク調のTrack.5「Keep Swingin'」にはSLEEPING WITH SIRENSのKellin Quinn、パワー・バラードのTrack.6「Reason To Stay」にはBIFFY CLYROのSimon Neilが客演。 山口 智男