MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

waterweed

2017.04.10UPDATE

2017年04月号掲載

waterweed

メンバー:Tomohiro Ohga(Ba/Vo) Hiroshi Sakamoto(Gt/Cho) Shigeo Matsubara(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

waterweedのニュー・アルバム『Brightest』がかっこいい! 拳を天に突き上げ、汗だくになってシンガロングしたくなる男臭いメロディック・ハードコアが今作には詰まっている。前作『Landscapes』から3ピース編成になり、それからさらにライヴを積み重ね、より強固なトライアングルを形成したサウンドへ変貌を遂げた彼ら。パンク、ハードコア、スクリーモ、ラウドロック好きなら、"オッ!"と反応せずにはいられないパッション溢れる楽曲ばかりが収録されている。また、ポジティヴな内容を掲げた歌詞にもバンドの心境が表れている気がしてならない。それを含めて、メンバー3人に話を訊いてきた。


もう3ピースでいけるだろう、と自信を持って作れました


-今作はwaterweed節が炸裂してるし、めちゃくちゃかっこよかったです。

Ohga:ありがとうございます。嬉しいですね。

Shigeo:節(ぶし)さえ出ているなら、それだけで大丈夫です(笑)。

-前作『Landscapes』(2016年リリースのショート・アルバム)はPOP DISASTERLOST3バンド同時リリースで、一緒にツアーを回りましたよね?

Ohga:3バンドで行けるところは一緒にツアーに行って、ツアー・ファイナルは3バンド集まってやりましたからね。で、俺らはすぐに、次はアルバムを出そうという話になったので、それで今に至る感じですね。

Shigeo:3バンドで一緒にツアーを回って、あの2バンドを観て、僕らももっとやれることをやろうと思い、今回の制作に突入しました。

Hiroshi:3バンド同時に出したタイミングで、ウチらは3ピースになりましたからね。なので、3ピースとして成長できたツアーでした。それが今作にも出てるんじゃないかと。

-前作は3ピース初の作品でしたからね。

Ohga:3ピースになりたてで大至急、曲を作らなきゃいけない状況でしたからね。4人時代の曲は全部ボツにして、改めて3ピース用に作り直して、前作を出したんですよ。それを馴染ませるために、いっぱいツアーをやりました。そこで自分たちらしさもわかってきたから、今回はそれが出せたと思います。前作で3人でやろうと決めたものの、まだ手探りでしたからね。今回はもう3ピースでいけるだろう、と自信を持って作れました。

-その自信というと?

Ohga:ギター1本でもいけるんじゃないかと。3ピースになって、みんなからかっこいいねと言われることも増えましたからね。音も聴きやすくなったし、ある意味わかりやすくなったから、正解だったのかなと。

Hiroshi:周りの友達やライヴハウスの人からも"3ピースでいけるね"と背中を押してもらえたことも大きいですね。

-前作でシンプル且つストレートな作風にシフトしたじゃないですか。それからまた見えてきたものはあります?

Ohga:歌のメロディ、コーラス・ワーク、それを邪魔せずに引き立てるギター・リフ、ドラムのリズム・パターンにこだわりました。今回は"3ピースのwaterweedはこれです!"と言える作品になったと思います。昔から変わらず曲は速いけど、シャウトとメロディが入って、ギターのリフがかっこいい。あと、メロディがエモーショナルな展開もあり、みんなでしっかり歌えるパートも入ってますからね。

-それは自分たちが最初に聴いた音楽の影響が色濃く出てる?

Ohga:あぁ、そうですね。こういう音楽があるんだって、みんなに思ってほしくて。"このバンドよくわからんけど、すごかった!"みたいな。僕らの世代や上の人たちは懐かしさを感じるサウンドだと思うし、若い人にとっては新鮮に聴けると思うから。

-waterweedが通ってきた音楽はどのへんですか?

Ohga:2003年に僕が地元岡山から大阪に出てきたんですけど。高校のころにみんな速くてハードなものを求めると思うけど、このバンドを始めようと思ったときは男臭いメロディック......それこそSTRIKE ANYWHERE、RISE AGAINSTとか、そのへんをたくさん聴いてました。

-STRIKE ANYWHEREは絶対好きだろうなと思いました(笑)。

Ohga:好きですね。あと、RUFIOは衝撃的なデビューで、ギターの刻みが速いけど、メロディックみたいな。当時のギターもハマッてましたからね。もともとは海外のメロディック・ハードコアを好んで聴いてました。

-男気のあるメロディックに惹かれる理由は何でしょうね?

Ohga:う~ん、なぜですかね(笑)。ポップ・パンク、エモも流行りだして、そのあとにメタルコア系のバンドも出てきたけど。僕は汚い声で歌ってるメロディックや、シンガロング全開で汗だくで歌ってるような音楽に惹かれたんですよ。それからメンバーも替わって、今の3人になってから、改めて音楽性を見直したから。1枚目(2007年リリースのEP『Killing the earth means our suicide』)のときはまた違うサウンドだし、メンバーのルーツをごちゃ混ぜにしたものをやってましたからね。で、自分たちらしさは何かなと考えたのが前作だったんですよ。今はこういう音を出すバンドっていないじゃないですか。とにかく、人と同じことはしたくないんです。