MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ONE OK ROCK

2011.10.04UPDATE

2011年10月号掲載

ONE OK ROCK

メンバー:Taka(Vo)

インタビュアー:荒金 良介

― ONE OK ROCKが5thアルバム『残響リファレンス』を完成させた。バンドの持て余すエネルギーをすべて叩きつけた前作『Nicheシンドローム』、そして、昨年の日本武道館公演を経て、より一層逞しくなったバンド・サウンドがここにはある。体の芯に火を付ける即効性の高い楽曲から、心の奥底にまで染み渡るスケール感のある曲調まで、彼らのポテンシャルの高さを見せつけた堂々たる傑作だ。Taka(Vo)に直撃した! ―

-今作の話の前に、山嵐の武史さんのソロ作『ALLY&DIAZ』に1曲(Let Life Be with Taka&サイプレス上野)参加してましたよね。ある意味女性的な優しい歌声で、ONE OK ROCKとはまた違う表情が窺えて、すごく良かったです。

ああいうのも好きなんですよね、R&Bが好きだから。あの曲はONE OK ROCKではできなさそうなことをやろうと思って。

-R&Bって、どの辺が好きなんですか?

Ne-YoやRihannaとか、クラブ系の音楽も好んで聴いてるから。

-へぇー、そうでしたか。その辺の音楽もバンドに還元されたり?

バンドではできない雰囲気やメロディを吸収して、ONE OK ROCKに持ってくることもありますよ。

-ああ、今作はより広がりのあるヴォーカルにチャレンジしてますもんね。

そうですね。半分くらいはいままでやってないことを入れつつ、全体的には前作の要素を引っ張っている感じですね。

-今年はシングル2枚リリースし、震災もあったわけで、今回のアルバム制作はどんな気持ちで臨みました?

前作(『Nicheシンドローム』)は作っている時から何の不安もなく、出来上がる前からすごく自信もあったんです。前作は僕らの中でもまだ生きてるアルバムというか。だからこそ、次のアルバムを作るときに前作を超えたいと思ったし。でもどうやって超えればいいんだろと思って。その気持ちと闘いつつ、いままで以上に本気を出して作りました。

-前作も素晴らしい出来でしたが、今回は激しいものから聴かせる曲調までバラエティに富んでいるし、理想的なロック・アルバムだなと思って。これは最高傑作だと思いますよ。

ありがとうございます。ただ、僕はまだ実感がないんですよ。すごく時間がかかったし、いろんなことに注意して作ったんですよね。今回のツアーでは横浜アリーナ2デイズやるんですけど、もっとテンポの遅い曲やグルーヴ感がちゃんと出てる曲もやりたいなと思って。それは去年、武道館をやって気付いたんです。今回は遠投のような曲というか、伸びのある曲も作りたくて。メンバー間で話し合って、テンポ感はいままで以上に計算して作りました。それで壁にもぶつかったし、震災もあったし、僕も喉を壊して1カ月くらい喋れない時期もあったから、集中力を持続させるのが大変でしたね。作り終えて、これがちゃんと届くのかなって、まだ心配なんですよ。

-特に心配な点というと?

前作を超えたいというテーマだったり、なにより聴いてくれる人が楽しんでくれるかなと思って。守りに入ってしまう自分もいたから、それと闘った感じですね。大きな会場で響かせられる曲を作りたいと思ったけど、前作を聴いてくれた人も違和感なく入ってもらえるかなって心配で。アルバム自体はマスタリングを見越して作ったから、途中段階では「出来た!」って感覚はそれほどなかったんですよ。マスタリングでNYに行ったんですけど、そこで聴いたときにいいものが出来たなと思って。

-ちょっと前の話に戻りますけど、例えば日本武道館でやったときに意志疎通がうまくいかないな、と感じる場面でもあったんですか?

僕らが初めての武道館で緊張したのと、イスがあったのがいちばん大きくて。いままでワンマンはライブハウスでしかやったことなくて。よく武道館でもどこでやっても変わらないよ、と言われるんですけど。僕らはファースト武道館をやることで、ライブハウスとこんなにも違うんだったら、それ相応のものを作らないといけないなって、やってる最中に気付いたんですよ。

-ライヴをやってる最中ですか(笑)?

はい。このままではダメだなと思って。

-それでスケール感のある楽曲を意識したと。今作の中で突破口になった曲はありました?

「LOST AND FOUND」が出来たときにホッとしたんですよね。前作の流れを受けて、最初は激しい曲を作りたいと思ったんです。アルバムを代表するようなかっこいい1曲を作りたくて。それが達成できたから、もう大丈夫かなと思って。あとは挑戦もしつつ、バラード系の曲も入れてみたり。