MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Chased by Ghost of HYDEPARK

2021.07.07UPDATE

2021年07月号掲載

Chased by Ghost of HYDEPARK

メンバー:KZK(Vo) Taisuke(Gt) Issei(Gt) HiRo(Ba)

インタビュアー:オザキケイト

チェイスドの音楽を良くないって言われても、僕は"お前らのセンスが悪いだけやろ"と思って活動している


-「STAY」は今作の中においてもチェイスドの楽曲の中でもひと際ポップで異色な存在ですね。

Taisuke:マネージャーに"アガる曲頼むで!"って言われた帰りの運転中に鼻歌で作った曲なんですけど、全然アップテンポじゃなくてどうしようって思った曲です(笑)。でも、ライヴでお客さんが飛び跳ねてくれたりしたら、それはそれでアガる曲になるのかなと思って採用しました。

HiRo:今までのチェイスドになかったテイストではあるんですけど、それと同時にどこか今までのチェイスドが持ってる世界観も感じることができるので、これまでのチェイスドの要素と新しさがうまく混ざり合ってる楽曲だと思います。

Issei:この曲はリリース前にライヴでも披露したんですけど、お客さんのウケもかなり良かった印象があります。

-アンビエントな雰囲気からラウドに表情を変える「Mirrors」はTaisukeさんの作曲ですね。

Taisuke:あのアンビエントなイントロでライヴの空気を変えることもできるし、逆にそこを切ってライヴの勢いを保ったまま曲に行くこともできる、オールマイティな曲にしたかったんですよね。

HiRo:この曲はKZKの旨味成分出すぎてるんですよ。もうKZK無双です。

Taisuke:たしかに上から下までKZKのおいしいところが出るようにメロディを作りました。

-先ほど「Mirrors」の歌詞は等身大とおっしゃっていましたが。

KZK:この曲が特に等身大が反映されていると思います。僕はバンド活動において神頼みとか奇跡とか嫌いなんですけど、この曲の歌詞は僕のヴォーカリストとしての素直な願いを込めて書きました。なので、早くCDを買って歌詞カードを読んでほしいです。

-ラストを飾るIsseiさん作曲の「EMPIRE」はDjentの要素が盛り込まれている曲ですね。

Issei:僕が今まで上げてきたデモって、KZKのハイトーンが生きるようなお洒落めな曲が多かったんですけど、KZK君に、"1回そういうの気にせんと作ってみてよ"って言われたのをきっかけに作ったのが、この曲の原型になるデモだったんです。なので、さっきのKZK無双とは真逆になる曲だと思います。

HiRo:この曲はIssei無双です。

Taisuke:ギターどないなってんねんって思いました(笑)。

HiRo:僕としても好きな音楽の根の部分に近い音楽なのもあって、いい意味でチェイスドとしてのKZKの旨味はいったん無視して、楽器隊がテンション上がるような曲にしようとベース・プレイを考えました。

-とはいえ、しっかりとKZKさんはクリーンで存在感を示しているのがさすがです。

Taisuke:普通に考えてここシャウト乗るやろってところを流されず、チェイスド流で乗り切ることができたのがバンドにとって新しいと思います。

-この曲は今作の中では英詞の割合が高めですね。

KZK:インディーズで楽曲もたくさん出してはいるんですけど、世の中に認められてない部分があって。でも、僕はそれを良くないって言われても、"お前らのセンスが悪いだけやろ"と思って活動しているので、その反骨精神をそのまま英語で書きました。

Taisuke:さっき今作の歌詞は怒ってないって言ってましたけど、怒ってますね(笑)。

一同:(笑)

-またCDにのみ「Object」というSEが収録されているそうですね。

Taisuke:あれはこれまでのチェイスドのアンビエント感を踏襲しつつ、「EMPIRE」のキーと合わせて作ってあるので、CDを1周聴き終わったあと違和感なく繋がるようにしてあって。さらに、「Object」の最後のコードにも「FAITH」のキーの音を目立つように入れているので、きれいに繋がるようになっています。なので、何周でもしてください!

-この6曲をもってタイトルを"RELOADED"とした理由はなんでしょう?

KZK:このコロナ禍で幸いライヴはやらせてもらってたし、新しい挑戦もできたので、有意義ではあったんですけど、思うように活動できなかったのも事実で。なので、この期間でもう一度パワーを蓄えてチャージして、あとはそれをアウトプットするだけって意味を込めて、"再装填(RELOADED)"としました。

-今日から配信開始(※取材は6月30日)ですが、周りの反応はいかがですか?

HiRo:印象に残ってるのは"日本語が新鮮"という反応と、"今までのチェイスドからブラッシュアップした"って反応ですね。

Taisuke:ブラッシュアップという意味ではライヴ・キッズの人たちが"この曲はツーステを踏める!"って反応してくれて、実際新曲はライヴでもすごく盛り上がったので、僕たちがこんな遊び方あんねや! って教えてもらったし、今までにないリアクションをいただきました。

-また、7月4日の大阪公演を皮切りにリリース・ツアーも始まります。MAKE MY DAYやLeetspeak monsters、ALL iN FAZEなど、バラエティ豊かなメンツが揃っているのは、旗頭であるチェイスド自身が、大きな意味でのミクスチャー感と絶妙なバランス感覚を持っているからだと感じます。

KZK:誘うバンドはジャンルで決めていなくて、その人たちがかっこいいかかっこ良くないかで選ばせてもらいました。僕らの楽曲はメタルコアでもなければラウドでもないですけど、ジャンルで分けるとそっちサイドに括られることが多いので、自分たちから発信するツアーや冠のイベントは、オーバーグラウンドなお客さんに足を運んでもらえるように、いろんなジャンルの人とガンガン当たっていけたらと思ってます。

-それが結果的にエンターテイメント業界の復活にも繋がるといいですよね。

KZK:そうですね。"RELOADED"の由来には、もうひとつバンド・シーンの"再起動"みたいな意味合いも込められているんです。この期間に力を蓄えて、絶対にもう1回バンドのシーンは盛り上がると僕は思っています。