MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NAZARE

2018.11.16UPDATE

2018年11月号掲載

NAZARE

メンバー:澪(Vo) 妖(8-strings) うた(Ba) 壱世(Dr)

インタビュアー:オザキ ケイト

壱世がDIMLIMを電撃脱退してから約1年、ついに新バンド NAZAREとして始動する。楽曲はおろかメンバーの顔すらも公開されておらず、謎のベールに包まれた状況だったが、先日池袋にて行われた"発表主催"にてその全貌が明らかとなった。本誌初登場の彼らがバンド結成の経緯から絶賛レコーディング中のフル・アルバム『荊海』について、さらにはメンバーが身をもって体験した人の死や、そこからくる喪失感が、バンドを形成するうえで大きな要素になっているということまで、赤裸々に語ってくれた。

-まずは激ロック初登場ということですが、壱世さんがDIMLIMを脱退してからNAZARE結成までのことを聞かせてください。

壱世:DIMLIMを脱退してからは酒を浴びるように飲んでましたね(笑)。新バンドに関しては去年のうちにTwitterでデモを公開してメンバー募集をかけたらまずは妖さんが反応してくれて、その募集ツイートを黙ってお気に入りだけして去っていったのが澪です。

妖:もともと僕と澪は知り合いで、僕が壱世さんにコンタクト取って一緒にやろうってなったタイミングで彼にも話しました。

澪:そのときはブランクもあってバンドをやろうとは思っていなかったんですけど、単純にかっこいいなと思ったので反応(お気に入り)だけはしておこうと思いました(笑)。そうしたら妖さんから話があったので、"じゃあやります"と。

-では、うたさんはどのような経緯でメンバーに決まったのでしょうか?

壱世:もともとこのバンドは一緒にDIMLIMを脱退した翼がベースだったんですけど、彼が急遽音楽活動をやめてしまうというので。そこで妖の推薦もあって彼(うた)に声を掛けました。

-だからアルバムに収録されている曲でクレジットが翼さんのものがあったんですね。

壱世:はい。アレンジしていくうちに外せない曲になったというのもあって、使っていいというので使うことにしました。

-このバンドとしての窮地で妖さんがうたさんを推薦した理由は?

妖:見た目にインパクトがありすぎる点が大きいです。一度見たら忘れないし、ライヴを観なくても写真だけ見たら伝わるくらいにキャラクターが立ってるじゃないですか。

壱世:やっぱベーシストはチャラくないといけないと思うんですよ。逆にチャラくないベーシストってパッとしないと思うんですよね。

-それは付き合ってはいけない3BのBの話ですか?

うた:最近4Bになったみたいでバンドマンとベーシスト、どっちも入ってます(笑)。

一同:(笑)

妖:実際その段階でMV撮影の日取りまで決まっていたんですけど、急遽翼君がやめることになって時間がないなかで、真っ先に浮かんだのがうた君でした。なので短い期間で曲を覚えなきゃいけなくて彼が一番大変だったと思います。しかも僕たちはうた君に"曲は簡単だから"って誘っていたので本当にひどい目にあったんじゃないですかね(笑)。

-正直なところ、このメンバーに"簡単だから"って言われて本当に簡単だと思ってましたか?

うた:全然思ってないです! この人たちの言う簡単は簡単じゃないと思ってました。

一同:(笑)

-それでもうたさんがこのバンドをやろうと決めたきっかけはなんだったのでしょうか。

うた:僕はそのとき別でバンドが決まっていたんです。それにこれまで僕は自分がやりたい音楽とやるべき音楽は違うと考えていたんですけど、NAZAREは僕がやりたいことをやろうとしてるバンドだったので、決まっていたバンドを断ってでもやりたいと思いました。

-やるべき音楽とは?

うた:お客さんのウケを狙った、最近で言うと同期を使ったミクスチャーっぽいバンドとかですね。でも、このバンドはそれに勝るものを感じて、このバンドだったらやりたいことをやっても受け入れられると思ったのが決め手でした。

-現在フル・アルバムのレコーディングの真っ最中とのことですが、進捗はいかがですか?

壱世:11月3日の初ライヴ("NAZARE発表主催【BEYOND THAT TIME】")の準備と並行してやっているのでやることが多くて大変ですけど、レコーディングは今ちょうど50パーセントくらいです。(※取材は10月下旬)

-タイトルや収録内容は決まったのでしょうか?

壱世:決まりました。16曲入りでタイトルは"荊海"(読み:じんがい)です。

-タイトルは造語ですか?

壱世:"荊海"というのは、英語で荊という意味の"Jing"と、日本語の"海"を掛け合わせた造語になってます。

-何曲かデモを聴かせてもらいましたが、激しさもしっかりありつつバランスが取れているなという印象でした。

妖:結構バラエティ豊かだよね。

うた:今回は全員作曲した曲が採用されているので、全員がやりたいことをやっているアルバムなんじゃないかと思います。

-各プレイヤーの目線ではいかがですか?

妖:まずギターが8弦なので、ギターとドラムが前面に押し出されたものになっていると思います。壱世さんの曲はデモの段階からギターを作り込んであるので聴いたときに気合が入りますし、"やってやる!"という気持ちになりますね。