MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SABANNAMAN

2018.07.03UPDATE

2018年07月号掲載

SABANNAMAN

メンバー:吉田 涼(Vo) 上田 雄(Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-あと、表題曲「Adventure」はそのままライヴのオープニングでやれそうですね。

吉田:そこは考えました。それで2曲目「Peace Of Dancer」に繋げようと。

上田:今回はいろんな曲があるけど、うまくまとまったなと思います。SABANNAMANっぽさも出てるし、ぐちゃぐちゃにはなってないから。

吉田:とっ散らかってそうで、バンドらしさが出た作品だなと。最後の曲は、俺はイメージできていたけど、ほかのメンバーは見えてなかったみたいで。

上田:「THUNDER」もそうかも。最初は超ミクスチャーみたいなノリだったけど、最終的にAC/DCみたいな雰囲気になりましたからね。それは意外でした。

-大きな場所で音を鳴らしたいという気持ちの表れですかね?

吉田:"フジロック"に出たことが大きいかもしれないですね。またあそこで曲をやりたいと思ったし。

上田:人が多い場所でやる機会も増えてきたので、大勢の人に届けたいなと思って。みんなの共通認識として、そういう思いはありますね。

-前列だけじゃなく、後ろで腕を組んでいる人もノらせたいと。今作のリード曲「The Way」はSABANNAMANが一番得意な曲調なのかなと思いました。

上田:そうですね。2年前からあった曲なんですよ。

吉田:前作のころからあって、Bメロしかなかった曲を引っ張り出して作りました。曲調はガラッと変わりましたね。

上田:最初は重いノリだったのかな。そうじゃないよなって、もう少し鋭くしてSABANNAMANらしくしようと。

-"探し続けることが必要だよ 人生は簡単には乗りこなせないから"という歌詞も今作のサウンドに通じるものがあるなと思います。

吉田:あぁ、そうですね。自分でもしっくり来ましたからね。

上田:僕が、タイトルの"ADVENTURE"という言葉を提案したときに、みんなも"いいかもね!"って言ってくれたし。単純に冒険っていい言葉だなと。あと「Epic Code」に関してはメタルとファンクを掛け合わせました。

-まさにそういう曲ですね(笑)。

上田:速攻でできたんですけど、かっこいいなと。

吉田:ドラム・パターンはPANTERAの「Domination」みたいでしょ?

上田:それをファンクでやるみたいな。

-ははは(笑)、面白いですね。

上田:あまり誰もやってないだろうから。

-「Peace Of Dancer」もめくるめく曲展開で、これもSABANNAMANらしい曲だなと。

吉田:それは1stアルバムからあるSABANNAMANっぽい曲をやりたかったんですよ。

上田:爽やかな西海岸っぽさもありつつ、リフで重さも出したりして、アメリカっぽい感じですかね。

-今作を引っ提げて、レコ発ツアー"SABANNAMAN ADVENTURE TOUR"も7月から始まりますよね。どんなツアーにしたいと思ってますか?

上田:冒険みたいな(笑)。

吉田:いろんな場所に行きますからね。また、いろんな土地でいろんな人に出会いたいです。簡単ですけど、いい曲を作って、いいライヴをする。その繰り返しなのかなと。

上田:それ以外にやることはねぇなって(笑)。でもほんとにいいツアーにしたいですね。