MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

A Ghost of Flare

2017.10.04UPDATE

2017年10月号掲載

A Ghost of Flare

メンバー:Yojiro(Vo) YU-TARO(Gt/Prog)

インタビュアー:山本 真由

-以前は、良くも悪くもコテコテのメタル臭さみたいなものがチラッと見える部分があった気がしたのですが、今作を聴くとそれがモダンにアップデートされたように感じます。ギター・リフやアレンジの部分で今作において特に意識したことはありますか?

YU-TARO:特に意識はしてないですね。考えて作ったというよりか、いいと思ったものを自然にアウトプットした感じです。

-「Smoke and mirrors」は特に、ニュー・メタル/ラウドロック的なフレーズもあって新鮮でした。乗りやすく、ライヴで盛り上がりそうな楽曲ですが、ライヴでの演奏も楽しみな楽曲なんじゃないでしょうか?

YU-TARO:実際にすでにライヴでも披露しているのですが、盛り上がるナンバーになったと思います。

-「Post truth」はすでにミュージック・ビデオが公開されていますが、迫力のあるパフォーマンスが動きのあるカメラ・ワークで捉えられていて、楽曲の世界観にマッチした映像になっていますね。撮影はいかがでしたか?

YU-TARO:かなり大変でした(笑)。このジャンルはパフォーマンスが激しいじゃないですか、首振ったり、飛んだりして。長時間での撮影であのパフォーマンスを繰り返すのはかなり堪えました。

Yojiro:新体制となって初のPVだったので、かなり気合も入れてたし、思い描くものや表現したいものが強いぶん、肉体的にも精神的にもヘトヘトになりました。キツかった(笑)!

-「Ignite」では琴を使用していますが、なぜ和楽器の中でも琴をチョイスしたのでしょうか?

YU-TARO:単純に琴の音が好きで。僕らはメタルコア・バンドですが、日本語も使いますし、どこかで日本のエッセンスを入れたいと考えていて、前から曲に使いたいと思っていたんです。

-歌詞は、英語と日本語を織り交ぜながら、社会的なメッセージも表現しつつドラマチックに表現されていますが、リズムに乗せやすい英語だけでなく、日本語を上手く盛り込むことに、難しさを感じることはありますか?

Yojiro:始めはそうでしたね。日本語で叫ぶこと自体、このバンドに加入するまでやってこなかったことなので、入った当初は苦労しました。なので当時は、これまでの発声法などを見直すなどのトレーニングに結構時間をかけていて。結果、今ではかなり馴染むようになりましたよ。

-また今作リリース後には、自主企画ライヴ"AGOF FEST vol.7"を東名阪で開催予定ですね。すでに出演バンドが発表されている10月8日のaube shibuya公演には、ハードコア界の重鎮 Loyal To The Graveを始め、Djent系バンドのabstracts、デスコア・バンドのVictim of Deception、ボカロPとして活躍する鬱Pによるバンド"おはようございます"、そしてコミック系ラウド・バンド"夕闇に誘いし漆黒の天使達"という、ジャンルレスなメンツが揃っていますが、今回の対バンはどういう基準で決まったのでしょうか?

YU-TARO:この組み合わせって、なかなか一緒に見る機会ってないと思うんですよ。僕がお客さんだとしたら、とても面白い組み合わせだと思うんです。お客さんには、"ジャンルは違うけどこんなカッコいいバンドがいるんだ"ってことを知ってもらいたいし、新しい発見や出会いをしてほしい、面白い1日だったなって思えるイベントにしたいんです。

Yojiro:個人的な意見になるんですけど、基本的に僕の好きな音楽の基準って、自身の音楽に嘘をついていないかどうか、なんですよね。どの音楽シーンにも、こうしたらカッコいいよねっていうある種のテンプレートのようなものはあると思うんですけど、それを貼って付けただけのいわゆる"カッコいい"だけのバンドよりも、アーティスト自身の人間性や精神性を自身の音楽に染み込ませているバンド、自分たちでしか表現できない"カッコよさ"や魅力を創造しているバンドが好きなんですよね。そういった基準を持って考えました。

-そして、11月17日のCLUB 3STAR IMAIKE、11月24日心斎橋VARONにも多彩な出演バンドが期待できますが、それぞれの地域で違ったテーマのようなものはあるのでしょうか?

YU-TARO:あります。この地域だからっていうわけではないのですが、ジャンルレスにしたり、コアで固めたり、その時のコンセプトは考えて組んでいます。

-その自主企画も含め、リリース後のライヴにかける意気込みをどうぞ!

YU-TARO:新しい曲たちと共にA Ghost of Flareは常に突き進んでいきます。ぜひ、ライヴに足を運んでいただいて、今のA Ghost of Flareを観に来てください。音源だけでは感じられないこともあり、視覚的/体感的に味わうことが"バンド"の"ライヴ"を体感することだと思うので。

Yojiro:これからが本当のスタートです。1年前の自分たちと比べて格段に進化しているので、その姿をぜひ一度観に来てほしいですね。

-最後に、激ロックの読者へのメッセージをお願いします。

YU-TARO:新メンバーも揃い活動再開からもうすぐ1年が経とうとしてますが、このリリースからやっとスタート地点に立てたと思ってます。今後の我々A Ghost of Flareの活動にご期待ください!

Yojiro:この記事を読んでくれて本当にありがとうございます。この出会いをきっかけに僕らの音楽を聴いてもらえると嬉しいです。きっと何かが変わるはず。新作、チェックしてね。