MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GOOD4NOTHING

2017.06.13UPDATE

2017年06月号掲載

GOOD4NOTHING

メンバー:U-TAN(Vo/Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-以前は明るくなきゃいけない、みたいな気持ちもありました?

そういう時期もありましたね。ちょっと暗すぎへん? って、ボツにした曲もあったから。特にリード曲は、明るくなきゃみたいな気持ちでずっと作ってました。でも、『NIGHT』に入ってる「LOVE SAVES ALL」(今作はTrack.11)をリード曲として推して、あの曲でMVを録ったのが自分たちの中ではでかかったですね。

-暗めの曲でも自信を持てたと。今作の流れで「LOVE SAVES ALL」を聴くと、また素晴らしくて。エモさが引き立ってますよね。

こないだ"COMIN'KOBE"でアコギでもやったんですけど、自分でもすごく気持ちよくて。まず曲作りはメンバーをビビらせたいという思いが強いんですけど、これTANNY(Vo/Gt)好きやろうな、これMAKKIN(Ba/Cho)はこういうふうに弾くかなとか、それは常に考えてますね。

-では、今作の最初のヴィジョンはどんなものでした?

そこまでなかったですね。『DAY』、『NIGHT』のころにアルバムを出そうと決めていたから。で、何となく「SIGNAL」、「LOVE SAVES ALL」を入れようと思っていたけど、それはあくまでアルバムをサポートする立ち位置で、それを超える曲を作ろうと。

-なるほど。「LONGEST DRIVE」(Track.5)はBLINK-182っぽいポップ・パンクですが、中盤にはレゲエっぽい歌い回しがあってビックリしました。

何か出てきたんですよ(笑)。たしかに、言われてみたらそうですね。「FOUND」(Track.1)にも新しいフレーズがあるし。

-そうなんですよ。あの早口風の歌い回しも新鮮でした。

SUNE(Dr)はスチャスチャというリズムも使ったことがなかったけど、あえて"それで叩いてくれ!"と言いましたからね。

-1曲1曲、随所に新しいアプローチが盛り込まれてますよ。

11枚もアルバムを出したら、自然とそうなるんちゃいます(笑)?

-ははは、そういうものですか。

GOOD4NOTHINGの軸はあるけど、それに付随するアプローチは変えたところはありますね。だいたい、20曲を同時進行で作るんですけど、被らないように心掛けてますから。レゲエっぽいパートもああいうふうにしたいと思ったわけじゃなく、たまたまピッタリ合ったという(笑)。

-「REACH YOU」(Track.7)はこれまでになくヘヴィなリフで押した楽曲で、ギター・ソロにもちょっと驚きました。

この曲は前奏が50秒くらいあるんですけど、NOFXでなかなか歌に入らない曲があるじゃないですか。ああいうイメージですね。あと、サビのメロディが大好きで。あの前奏からこのサビは想像できないだろって。