MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MOTIONLESS IN WHITE

2017.05.10UPDATE

2017年05月号掲載

MOTIONLESS IN WHITE

メンバー:Chris“Motionless”Cerulli(Vo)

インタビュアー:宮原 亜矢

-そんなふうにおっしゃっていただいて、こちらの方こそ本当に光栄です。あなたがこの曲に関するステイトメントをSNSで発表していましたが、その中には、昨年の"Warped Tour"でワークショップに参加したことで様々な人々と対話したことが制作に大きな影響を与えたことを伝えていましたよね。"あなたがどんな状況におかれていようとも、夢を追い求めるんだ"といったとても素晴らしいメッセージが込められていました。今作はサウンドスケープこそマスに向かった大きなものですが、この曲のように内面は誰かの声や支え、繋がりを求めている人にとってとてもハートフル。そういった意味でMOTIONLESS IN WHITE(以下:MIW)史上最高傑作なのではないかと思っています。

本当にありがとう。僕が言いたいことのほとんどを君が代弁してくれたようなものだね。ゴスに限らずいろんなジャンルのファンの人たちがひとつになって、その瞬間を楽しみたいと思っているってことを毎日目の当たりにしたことがこの曲へのインスピレーションとなっているんだ。人々はそうやってインスパイアされて、人生を変えてくれるような誰かを必要としていると思うんだけど、自分らしくいることを恐れている人たちは、ミュージシャンこそがファンの話を聞いて救ってくれる最高の存在だって思っている気がする。"Chris Motionlessができたのになぜ僕はできないんだ"って思ってほしいんだ。僕は普通の人間だし、バンドの中にいるだけのこと。"Chrisができて、Ricky(Horror/Gt)ができて、Ghostができて、MARILYN MANSONができて、Corey Taylor(SLIPKNOT/STONE SOUR)ができて、なぜ僕ができないんだ?"と考えられるからこそ僕はロックが、メタルが好きなんだ。僕らは外へ出て、"自分らしくいるんだ。自分のことを受け入れてくれて愛してくれるコミュニティを愛するんだ"っていうメッセージをこれからも送るつもりだよ。

-素晴らしいですね。そしてあなた方にはその言葉に対する説得力があると思いますし、また大型フェスのヘッドライナーとしての可能性も大いに秘めていると思います。ミュージック・ラヴァーたちは同じようなバンド/ミュージシャンが数年タームでヘッドライナーを務めることに飽きてきているように思います。あなた方はこの先5年以内に世界最大級のフェスでヘッドライナーを務める可能性があると思いますし、ファンにとってのヒーロー、もっと言えば救世主にだってなれると思っています。

光栄だよ。君が言ったように今作はこれまでよりもサウンドが大きくなっているよね。それによってこれまで僕らが辿り着けなかったところへたくさん行けるんじゃないかと期待している。僕らが日本へ行ったのは随分と前なんだよね。オーストラリアだって2、3回しか訪れていない。僕らは行きたいと望んでいたけれど、それに見合う作品もレーベルも持っていなかった。日本へも、その他の国も行きたかったけれど、そのチャンスがなかったんだ。だけど、このアルバムこそがタイミングだと思っている。君たちに会いに行き、僕らのショーを見せたいんだ。ファンも僕らのことを長年待っていると思うし、新しいファンを開拓したいし、僕らの音楽を楽しんでもらいたいからね。もっとたくさんのショーを重ねたその先に、フェスのヘッドライナーがあればいいなと思っているよ。

-ちなみに日本ツアーの話はもう上がっていたりします?

いや。最後にツアーしたのは確か2012年。随分と前だよね。しかもたった1枚のアルバムで、短いツアーだった。たくさんのファンが駆けつけてくれたこともあり、どうして再来日がこんなにも実現していないのか、実際のところ驚いているほどだよ。

-このアルバムでは来日してくださいね。

僕らは準備万端だよ!

-話を新作へ戻させていただきますと、あなたの歌詞もとても楽しませていただきました。例えば「Not My Type: Dead As F*ck 2」(Track.6)。

アハハ!

-あの歌詞の背景を教えていただけますか? ひょっとして実体験をベースにしているんですか?

もしあれが実体験だったら、とても奇妙だよね(笑)。きっと誰かの実話だってことは確信できるよ。アルバム全体を聴いてもらうと、怒りや不快メッセージなど、かなりシリアスな歌詞が躍っていることに気づいてもらえると思うけれど、時々音楽で楽しみたいからジョークも入れたりするんだ。"今、彼こんなこと言っちゃったよ!"なんて言われるようなバカげたストーリーで人々に笑ってもらえるようなね。あの曲のストーリーはそんな思いから作られたものだよ。僕らはみんな、MISFITSのような楽しみ目的にフィクション・ストーリーを書くバンドから影響を受けているんだ。

-それから、興味深かったのは「The Ladder」(Track.7)の冒頭で映画"ネオン・デーモン"(※2017年日本公開)のセリフを引用している点です。特に、なぜあの箇所を抜粋したのかも興味があります。

あの映画を観てくれていてよかったよ。ファンのみんながあの映画を観たことがあるかどうか興味があるんだ。だって僕らはあの映画からかなり影響を受けたからね。とても新しいスタイルの写真やネオンが多用されていて、夢中になって観たよ。「The Ladder」は特定の人物を指したわけでもなければ、男性か女性かも関係なくて、努力しないで他人を利用してトップに立つような人についての曲なんだ。音楽業界にも残念なことに他人を利用してプロモーションをして梯子を登る人たちを目にすることが多いんだ。そういう人たちを僕は歓迎なんてしないよ。この曲はそういったことを歌っていて、だから映画のあのセリフは意味を成すと思っているんだ。

-ちなみにChrisさんはあの映画のどのキャラクターに共感しました?

エル・ファニング(※"ネオン・デーモン"の主演女優)は本当にいい演技をしているよね。瞳の奥に邪悪な心が隠れていて、後半、彼女が邪悪になっていくんだけど、彼女はもっと邪悪な人々からターゲットにされていくんだよね。(答えは)わからないけれど、彼女は本当に素晴らしい演技をしていたし、映画は刃のように僕の心に刺さったよ。エンディング・シーンなんて僕はアゴが下がりっぱなしだったし。

-私もです(笑)! ところであなたは内面も外面も美しい人ですが、そのため音楽業界の人から、または同じミュージシャンから嫉妬されることはありませんか? 歌う前から、立ち姿だけで十分華やかで存在感があり、一般的なルックスのミュージシャンからしてみればあなたを前になすすべがないようにも思うのです。今までそのことがもとで同業者から嫉妬や嫌がらせ、身に覚えのない悪評を受けた経験などはありますか?

興味深い質問だね。実際のところそういった経験はあるよ。時には僕よりも成功している人からもね。さっきも話したように、人々はどんどん分断されているし、他人のことを助けようとしないばかりか、陥れるために悪い評判を流したりする。僕もそういった経験は数多くあるよ。「Queen For Queen」(Track.2)はまさしくそういったことを歌った曲だよ。この質問をしてくれて嬉しいよ、なぜならこのアルバムはそういったタイプのことを歌っているからね。僕のことをそんなふうに言ってくれてどうもありがとう。人々は他人を陥れるために、ワケもなくいじわるなことや風評を流しているような気がしているんだ。それってとても悲しいことだよね。特にインターネット上において顕著だと思う。