MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NOISEMAKER

2016.05.13UPDATE

2016年05月号掲載

NOISEMAKER

メンバー:AG(Vo) HIDE(Gt) YU-KI(Ba) UTA(Dr)

インタビュアー:山口 智男

-今回、そんなふうにメンバーそれぞれがプレイヤビリティを追求しているところも聴きどころですよね。ギターやドラムほど派手なことはやってないんですけど、ヘヴィなサウンドを支えているという意味ではYU-KIさんのベースの存在も大きいですよね?

YU-KI:どちらかと言うと、もともとはフレーズを弾くのが好きだったんですけど、曲に合ってるかどうかを考えたらそうじゃないと思ったんですよ。ルート弾きばかりでもなあと、そういう葛藤はたまにありますけど、それがバンドに合っているならって最近は大人な考え方をしてます(笑)。音作りに関しては、HIDEさんと相談しながらなんで、俺ひとりの考えではないんですけど、バンドにハマっているのであれば、NOISEMAKERとしては一番いいんじゃないかって思います。

AG:音の探求心はすごいと思います。もちろん、それは全員なんですけど、中でもYU-KIは歌録りが終わるころになっても、"ちょっと待って。ベースの音が"って言ってますからね。

YU-KI:ベースの音って効いてないようで効いてますからね。だから俺もベースを始めたし、ギリギリまでウダウダやってますね(笑)。

-AGさんのヴォーカルも、曲の幅が広がったことで変わってきたんじゃないですか?

AG:うん、だから大変なところもありました。「Minority」は最初、歪ませないで歌ってたんですけど、曲と歌詞の内容を考えると、もっと力強く歌った方がいいんじゃないかと思ってざらついた声質にしたんです。でも、ギターのようにエフェクターがあるわけじゃないから(笑)、そんなに簡単に変えられるものじゃない。最近ようやくそういうことができるようになってきたんですよ。少しずつレベルアップしているとは思います。今回、ヴォーカルは最初に5曲録って、ライヴをやって、また5曲録ってというふうに分けて録ったんですけど、最初は声がちょっと硬かった。そこでちょっと苦戦しましたけど、頑張っていいものが録れたと思います。

-歌詞は自分の生活や人生から言葉を紡いでいますが、中にはそういう個人的な視点が世の中や社会に向けられた曲もありますね?

AG:ニュース番組で海外の紛争を見ても思うし、サッカーのワールドカップのとき、韓国と日本の間でいざこざがあったじゃないですか。高校時代からの親友に韓国と日本のハーフの子がいるんですけど、そのときに、日本人の若者からヒドいことを言われたそうなんですよ。そういう話を聞いたりすると、冷静に考えればわかることなのに、人って簡単に見失っちゃうんだなって思って。でも、みんな同じ人間だって俺は思うから、そういうことをテーマに書くこともあります。「2nd Sun」(Track.4)なんてまさにそうですね。

-今回も、英語の歌詞を中心にしながら日本語がさりげなく入っていますが、英語と日本語の歌詞がスムーズに聴こえるような工夫は、もちろん意識してやっているんですよね?

AG:それはもちろん。いきなり全部、日本語にしたら俺らじゃなくてもいいんじゃないかって思うから、意味もちゃんとありつつ、英語的なリズムっていうのは意識してます。それに日本語ってやっぱりダイレクトに伝わるじゃないですか。だから日本語を入れるなら、その曲の歌詞を要約したような重要な言葉を日本語にしたら伝わるんじゃないかってところも意識しました。でも、自分たちのイメージもあるから、それを崩さないように日本語を使うってなかなか難しい。"海外に行きたい"、"ワールド・ツアーしたい"と言っている以上、英語で歌いたいという気持ちもあるし、その一方では今、国内で活動しながら、日本の人に届けなきゃいけないってことを考えると、日本語も使った方がいいしって葛藤しつつ、今回、一番いいバランスを見つけられたんじゃないかな。

-ところで、ジャケットの鍵穴の向こうには何があるんですか?

AG:UTAのメアドです(笑)。

UTA:俺のメアドでいいの(笑)?

HIDE:『Butterfly』(2016年1月リリースのTOWER RECORDS限定シングル)のジャケットが鍵だったじゃないですか。で、今回が鍵穴。"ROAR"ってタイトルとは全然関係ないんですけど、CDに付加価値をつけたいと思って。詳細はここでは明かしませんけど、『Butterfly』と『ROAR』を両方買ってもらうと、また別の楽しみ方ができるようになってるんですよ。

AG:CDを買う楽しみを伝えたかったんです。

-さて、リリース後は6月24日(金)の名古屋公演からツアーが始まるわけですが、ファンはどんなライヴを期待して行ったらいいでしょうか?

AG:それこそアルバム・タイトルにもなっているように、みんなで一緒に歌い上げるようなライヴを作り上げていきたいですね。最初はわからないと思うけど、こういうことかって自分たちでも気づけると思うんで。一緒に作り上げていって、ツアーが終わるころには来てくれたファンと俺たちの間でそれが普通のことになっていれば、フェスやイベントに出たときもNOISEMAKERのライヴってこういうことなんだって、俺たちを知らない人たちにも思ってもらえるんじゃないかな。