MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GLORY HILL

2016.05.17UPDATE

2016年05月号掲載

GLORY HILL

メンバー:TAKUYA(Vo/Gt) KO-01(Ba)

インタビュアー:塩﨑 陽矢

-NOFX、STRUNG OUTなどにも通ずる西海岸メロディック・パンク・サウンドが満載で、洋楽離れしている10代、20代のキッズにはすごく入りやすいサウンド・アプローチだと思います。こういったサウンドメイキングは現在のシーンを意識してのことでしょうか?

TAKUYA:西海岸はもう自分のソングライティングの中で絶対的に欠かせない要素ではあります。サウンドメイキングでは、シーンを少しは意識してるつもりですが、特に自分の中で明らかに狙いにいったというわけではないです。こういうサウンドが前から作りたかったので。10代、20代のキッズにはホント聴いてほしいです。

KO-01:シーンを意識したとか、そういうのはあるようでないと思います。出したい音を忠実に再現したらこうなった、という感じかなと! キッズに限らずみんなに聴いてほしいですね。

-Track.2「ROCKSTEADY」、Track.3「Bitchin Summer」では、シンガロング・パートがあるなど、ライヴで観客との一体感を求める楽曲構成だと感じました。これはライヴでの盛り上がりありきでの制作だったのでしょうか?

TAKUYA:まさにそのとおりです。やっぱり僕らはライヴハウスで育ってきたバンドなので。今まで全国ツアーをやってきて、お客さんの顔が目の前にあるのが当たり前でした。作るときに一番一緒に歌ってほしい人たちのことを常に想像していましたね。

KO-01:ライヴを意識して作る曲って、普通に作る曲と比べて少し違うと思うんです。シンガロングできる曲はお客さんとの一体感も出ますしね! ライヴで一緒に歌えるように作りました!

-Track.4「Candygirl」の西海岸特有のカラッとしたナンバーは、収録曲の中で最も野外フェスをイメージしやすい楽曲でした。後半で入るハンドクラップなど、意識的に煽るシーンが盛り込まれ、ライヴで盛り上がること間違いなしだと思いますが、この曲の制作エピソードを教えていただけますか?

TAKUYA:実はこの曲、昔からストックしていた曲なんです。ある程度完成はしていたんですけど、1回ボツになったりして。でも今回の制作過程で久しぶりに聴いてみたら新しいGLORY HILLのイメージとぴったり合ったので、全部やり直して収録しました。

-Track.5「CALIFORNIA」はリリック・ビデオが公開されていますね。サビの突き抜けるメロディ・ラインも口ずさみやすく、ミュージック・ビデオでも観てみたいと思いましたが、制作予定はありますか?

TAKUYA:すみません、今のところないんです(笑)。また余裕があれば作ります!

KO-01:とりあえず今回は保留でお願いします(笑)。タイミングが合えば!

-Track.6「Best of Youth」は、"再出発"、"新たな決意表明"の曲ですね。"We're always in our youth days/And no one can stop us singing this song now(※訳:いつだって青春時代は心の中に/そして今 誰もこの歌を止められはしない)"という歌詞がすごく印象的でした。この曲は今のバンドの思いをストレートに表現したのでしょうか?

TAKUYA:まさにそうですね。実はこの曲、今回のアルバムの中で一番最初にできていた楽曲なんです。メジャー時代でうまくいかなかったことへの思いや、これからがGLORY HILLにとって一番青春を感じるときにしたい、という気持ちは強く込められていると思います。

KO-01:この曲は歌詞を読んでもらえばわかると思いますが、メジャー時代のこと、これからやっていくべきこと、そういった気持ちが強く出ていると思います。ある意味一番ストレートな曲だと自分は思います。

-改めて、自信を持ってオススメしたい1枚であり、今のGLORY HILLにとって名刺代わりになる作品だと思います。今作において、おふたりのお気に入りの曲、聴きどころなど、リスナーにオススメしたいところを教えてください。

TAKUYA:ありがとうございます。今作というかGLORY HILLは、これからおバカで底抜けに明るい曲を作り続けていくつもりです。ホントに名刺代わりのような楽曲が揃いました。季節が冬だろうが、春だろうが、それぞれの夏をイメージして聴いてもらえたらと思います。個人的なお気に入りの曲は「Bitchin Summer」ですね! ビキニ・ギャルと戯れている画を想像しながら、一緒にタオルを回してシンガロングしましょう(笑)!

KO-01:やはりリード曲の「CATCH THE WAVE」はお気に入りですね。この曲ができたときから、絶対にこれがリード曲だと思ってましたから(笑)。ライヴではモッシュ&ジャンプ必須なので勉強してきてください(笑)。一緒に暴れましょう!