MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BAND-MAID

2016.05.13UPDATE

2016年05月号掲載

BAND-MAID

メンバー:小鳩 ミク(Gt/Vo) 彩姫(Vo) 遠乃 歌波(Gt) 廣瀬 茜(Dr) MISA(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-今回のレコーディング自体はどうでした?

廣瀬:ああ~、本当につらかったです(笑)。

MISA:死にそうでした。このフレーズ本当にできるのかな?って。スラップ・ベースのパートは、手に血マメを作りながら練習しました。

廣瀬:個人個人でスタジオにこもった時間も長かったですからね。私も足が痛い!って、身体を張りました。

小鳩:血と汗のレコーディングだ。

一同:ははははは。

遠乃:大変だったけど、楽しかった。

小鳩:制作期間は長かったけど、気持ち的には一瞬でした。

遠乃:ドラムは2日ぐらいで録ったんだっけ?

廣瀬:1日で3曲録ったので、詰め詰めだったんですけど。その間に音作りもして、スネアは5〜6台使いました。前作よりも音作りにはこだわりましたね。

遠乃:レコーディングするたびに演奏が上手くなる気がする(笑)。

MISA:そのぶん、ライヴで再現できるかなっていう焦りもありますけどね。

彩姫:この次に出す曲が大変だね。

-ハードルが上がるから?

小鳩:ちょっと上がりすぎちゃったから。

-BAND-MAIDの骨格が固まったような重厚な作品になったと思います。

小鳩:そうですね。ここからまた広げていけたらいいなと。メジャー・デビューということもあり、アルバム名には"真新しいメイド"という意味も込められてます。

-あと、今作は歌詞の中に"嘘"、"lie"という単語も多くないですか?

彩姫:いただいた歌詞でも、最初に"こういうテーマで歌いたい"というところは伝えるんですよ。全曲に自然と"正直さ"みたいなものが出てるのかもしれない。

-Track.4「Brand-New Road」に"奇麗事を並べてちゃ生きてなんてゆけない 痛みさえも起爆剤 大胆に掴み取れ"という歌詞がありますけど、まさにそんな野心漲る作品だなと。

彩姫:そうですね......今気づきました(笑)。「Brand-New Road」はスパイス的な曲なので、耳に残るかなって。

-歌メロやジャジーなベース・ソロが聴きどころですね。

彩姫:この曲はレコーディングも超楽しかったですね。1曲丸々通して歌ったので、ライヴ感が出てるかなと。

小鳩:そう、勢いが出てますね。

廣瀬:今までもグルーヴ感のある曲はあったけど、この曲でシャッフル系のグルーヴ感に初めて挑戦したんですよ。だから、楽器隊は時間がかかりましたね。

MISA:人それぞれグルーヴが違うからね。

-小さなライヴハウスというより、大きな会場で映えそうな曲です。最後に今作のレコ初ツアーはいつごろから始まりますか?

小鳩:6月24日(金)から初めての全国ツアーを30本ぐらいやります。

遠乃:そう考えると、すごいね。いろんな人にBAND-MAIDを知ってもらいたい。

彩姫:ツアー・ファイナルは渋谷TSUTAYA O-WESTでやります。初めての会場なので、それも今から本当に楽しみですね。