MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BAND-MAID

2016.05.13UPDATE

2016年05月号掲載

BAND-MAID

メンバー:小鳩 ミク(Gt/Vo) 彩姫(Vo) 遠乃 歌波(Gt) 廣瀬 茜(Dr) MISA(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

廣瀬:そこは新しいですね。

MISA:80~90年代の洋楽みたいなイメージですね。私はそのへんのロックが好きだから、こういう曲調にもトライしたくて。

-メロディも癖になる感じです。

MISA:そうなんですよ、キャッチーですよね。

-それと「alone」もすごくいい曲ですよね。歌詞はまた他とは色合いが違いますけど。

小鳩:迷い、悲しみ、切なさも入れられたと思います。

遠乃:テーマは切ない感じにしようと言ってたんですよ。

-"ポイポイ グチャグチャ 使い捨てにするんでしょ?? ねぇ??"という歌詞は、女性の本音を赤裸々に書いてますね。

小鳩:また違う強さが出てるかもしれないですね。

彩姫:メンヘラっぽくなってないかな?と思ったけど、改めて歌詞で読むと、メンヘラっぽいですよね(笑)。

小鳩:私が重いのかな? 歌詞を書くと、いつも重くなっちゃって。それを直すようにしていたんだけど、この歌詞はメンヘラ感が出ちゃったかもしれない(笑)。

-メンタルのヘヴィさも曲調に合ってますよ。

MISA:演奏は男っぽいですからね(笑)。ギター・ソロ、ドラム・ソロもヤバいです。

廣瀬:結構詰め込みましたね。

小鳩:歌の練習のときも大変でしたね。高音と低音の差がすごくて、なかなか声が出なかったんです。

彩姫:結構みんな無理したよね? これができたら、成長できるかなって。

-今作の中で大変だった曲はあります?

彩姫:「LOOK AT ME」(Track.2)、「Before Yesterday」(Track.7)はロング・ブレスで歌うところも多くて。細かな表現よりも、そっちの方が難しかったです。

-表現力が問われますよね。というか、彩姫さんは前回と比べて、インタビューも成長してませんか?

小鳩:喋るようになったんです。気づきました?

彩姫:メジャー・デビューしたから......。

-そこですか(笑)?

彩姫:やっぱり、この作品に対する思い入れが強いからだと思います。

小鳩:「Before Yesterday」は今までにない歌詞のテイストだしね。

彩姫:自分の中にない感情が歌詞になっているから、こういう人もいるんだなって。今までのBAND-MAIDは強い女性像が描かれていたけど、この曲は強くないというか。歌詞で描かれた人の気持ちになって歌うのは勉強になりました。

-おふたりの声質はだいぶ違うと思うんですけど、今作はいい意味で違いを感じないというか、ひとつの歌として聴こえてきます。

彩姫:仲良くなった?

小鳩:声が仲良くなったのかな(笑)。

彩姫:ぶつかり合いだけじゃなく、歌のグルーヴ感も出てきたと思います。

小鳩:今回はそこも意識しました。音源のミックスにも立ち会わせてもらって、歌の大きさやふたりの声質も確認させてもらったので。

遠乃:前はひとりずつ歌ってる感じがあったけど、最近はふたりで共鳴し合ってる感じがするから、馴染んで聴こえるかなと。

彩姫:3年目にしてやっと(笑)。