MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BAND-MAID

2016.05.13UPDATE

2016年05月号掲載

BAND-MAID

メンバー:小鳩 ミク(Gt/Vo) 彩姫(Vo) 遠乃 歌波(Gt) 廣瀬 茜(Dr) MISA(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-ライヴ映像を見せようと思ったのは?

彩姫:ライヴでただメイドの衣装を着てるだけでしょ、と言われることもあったから。メイド服を着てゴリゴリの音を出して、そのギャップをかっこよく見せられる場がお給仕ライヴなので。

小鳩:お給仕はかっこいいんだぞって。

彩姫:CDのType-Aは「ORDER」のMV、Type-Bは今の定番曲になってる「REAL EXISTENCE」のライヴ・バージョンが収録されているので、ライヴ感を感じるためにも2枚とも買ってほしいです(笑)!

遠乃:それでライヴに来てくれたらいいなと。

小鳩:ご主人様、お嬢様の声も「REAL EXISTENCE」には入ってるので、その声の熱量も伝わればいいなと思います。

彩姫:CDにライヴ・バージョンを入れるのがひとつの夢でしたからね。

-ライヴ音源はまた違う生々しさが出てます。

廣瀬:やっぱりライヴ・バンドだなって実感しました。お給仕がメインだというのもアピールしたかったから。

-前作は新しい始まりみたいな作品で、そのリリースからまだ半年しか経ってませんけど、バンド内にどんな意識の変化があったんですか?

小鳩:前作で方向性を決めて、これからどうしようと思ったときにロックのバリエーションのひとつとして、さらに音楽性をゴリゴリにしていきたいなと。それで今回の楽曲を選びました。前作があったからこそ、今作の雰囲気も掴みやすかったですね。

-バンド的にもゴリゴリ感を欲していた?

廣瀬:やり応えがありますからね。自分も聴いてる人にも成長が見えると思うので、これをやりたい!という気持ちの方が強かったです。

遠乃:みんなのやりたいことが明確になってきたから、今後もこの方向性でもっと技術を高めて、かっこいい音楽を作りたいですね。

-もっと熱く、もっと激しくみたいな?

遠乃:自分も、今が成長期で、BAND-MAIDが始まる前はこんなに速くピッキングしたり、タッピングしたりすることもなかったから。女の子が憧れてくれるようなギタリストになりたくて。次はもっとテクニカルなことに挑戦したいです。

-MR.BIGみたいなハード・ロック調のギター・フレーズも聴き応えがありました。

遠乃:はい。Paul Gilbert、Richie Kotzenを見習いたいと思います。

-今回のヴォーカルに関してはどうですか?

小鳩:「alone」(Track.8)はツイン・ヴォーカル感を新たな形で見せられたかなと。歌詞に関しても、初めてふたり(小鳩、彩姫)で「YURAGU」(Track.5)と「alone」を共作したので、そこも注目してほしいですね。

-今回歌詞を書こうと思ったのは?

小鳩:今までも書いてたんですけど、ボツになったりして(笑)。

彩姫:今回初めて認めてもらえたんですよ。「alone」に関しては作詞作曲をBAND-MAIDでやったので。結成3年目でようやく採用されました。「YURAGU」はふたりでずっと交互に歌ってるので、まだライヴでやってないけど、ライヴでやったら面白いだろうなと。

小鳩:今までも交互に歌う曲はあったけど、たぶん「YURAGU」が一番歌割りが細かいので聴いても面白いと思います。

-今回、自分たちの歌詞やアレンジが認められたのはなぜだと思います?

遠乃:歌詞、メロディしかり、BAND-MAIDの曲で勉強してきたから。こういうアプローチだったら、このバンドに合うんじゃないかって。それがわかってきたからだと思うんですよ。知識を積んできたから、いい歌詞やいい曲が出てきたのかなと。

小鳩:(遠乃)歌波が言うとおり、"こういう雰囲気の歌詞を書きたい"とか話してきたから、その結果ですね。

遠乃:もっといっぱい作って、自分たちで作詞作曲した曲を増やすのは夢ですね。

-「YURAGU」のギターとドラムで始まるイントロにも耳を掴まれます。