MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

THE Hitch Lowke

2016.03.08UPDATE

2016年03月号掲載

THE Hitch Lowke

メンバー:星☆拓也(Vo) 樋谷 剛志(Gt) 濱崎 雄司(Gt) 城山 貴也(Ba) 瀧石 光(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-リズムに関しても、無茶なものがデモに入ってることも多いんですか?

瀧石:そうでもないですね。とはいえ、(星は)リズムとかドラムが好きやから、リズムに関する指定は多いかもしれないですね。"ここはこういうふうにやってくれ"とか。

星:手数が多いドラムが好きでなんですよね。

-「ロッシュの限界」はストレートですが、他の収録曲を聴いているとヒネりがあるものが好きなんだろうなと感じます。リズムに限らず、メロディもよく動く、抑揚のあるものが多いですよね。

星:それが好きなんですよ。譜面に直したら、音符が上下しているようなのがめっちゃ好きで。あまり変わらへんなだらかな曲は、あまり。

樋谷:それによってコードの流れもめっちゃ変わると思う。今は、Aメロは2つくらいのコードで押し切るバンドも多いですけど、僕らの場合そこは歌謡曲らしく展開していますね。

濱崎:だから、THE Hitch Lowkeの曲はなんでも、アコギ1本で弾き語りに変えられるし、面白いんですよね。

星:激しい曲でもね。少し前に出した「ENEMIES」(2012年リリースの1stミニ・アルバム『Birdcage』収録)という曲は、思いっきり速い曲やけどアコースティックでやると演歌みたいな曲で。

濱崎:そう、演歌になる(笑)。

瀧石:アコースティック・バージョンでも1回やったことがあって。普段は盛り上がる曲なんですけど、お客さんもびっくりしてたんですよ。"アコースティックに変えるとこんなふうになるんや"みたいな。でも意外とハマってました。

-曲の骨組みが面白いからこそのものですね。そしてTrack.2「カメレオン」。こちらはポップでシュールな面白さが出ている曲で。これはこれまでの話からすると、とても"らしい"ところなんですね。

星:そうですね。しかもこの内容は日本中で俺らだけだと思いますね。これは、"CDの気持ちの歌"なので。

-CD自体の気持ちですね(笑)。

星:CDが売れなくなった時代のバンドやリスナーの気持ちじゃなくて、CDの気持ち。その視点はなかなかないんじゃないかなと。今の時代CDは売れなくて、配信が多くて......。歌詞を見たら楽しいので、ぜひ見てほしいなと思えるような曲なんですよね。

-どういう発想から、CDの気持ちを歌にしようと至ったんですか?

星:バンド目線で歌うとどうしてもただの愚痴になってしまうんですよね。でもそれは、面白くないので。だったらCDが思ってる気持ちを想像して歌うと、またひとつ違うドラマができるかなと思って。CDの良さやジャケ買いの話とかも入っているんです、"面だけで気に入られたり"とか。きっとジャケ買いの楽しさも、若い子は知らないのでね。このジャケットやったら、きっと叫んでるはずやろって家帰って聴いてみたら、ボサノバやったとか。そういう経験ができるのも音楽の良さやし(笑)。だからCDのいいところとか、素材とか、成り立ちとか、容量はどういう理由で決まったとか、を説明しまくってる曲で。それを、カッコよく聴かせたいという気持ちですね。

-だからこそ、サウンドも面白い。

樋谷:そうですね。

星:ただこの曲を、俺らは配信してるんですけどね(笑)。

-捻くれすぎてますが(笑)。

星:そこがまたいいよね、矛盾してて。

樋谷:まあ、時代の波には逆らえずに。

星:負けるという(笑)。でもあえて意図した部分もありますけど。

樋谷:もうちょっとあとやったらもう誰にも響かんかもしれんから、はよ出そうやという話をして。

星:今やなと。セールスが1,000枚足らずでデイリー1位とってしまう時代ですからね。泣いてると思う、CDが。だから早くCDの気持ちを歌っておこうと。やっぱり、他アーティストとは違う内容の曲を歌いたいんですよね。

瀧石:普通CDの歌はないですもんね(笑)。

樋谷:かっこよさだけを追求するんじゃなくて、ある種のダサさやユーモアにも比重を置いて曲ができているので。どっちかと言ったら、「カメレオン」はユーモアが前に出てきてる曲で、音にしてもかっこつけたフレーズじゃないものをわざと選んでいます。

-これまでリリースした曲には、直球バラードと言える曲もありましたが、次のTrack.3「突き飛ばしてくれよ」はミドル・テンポのバラードです。

星:大好きなんでね。バラードみんな好きやと思います。

-こういう聴かせる曲もあるからこそ、「ロッシュの限界」のようなアグレッシヴな曲も映えるし、幅広いですね。

星:そこは売りにしたいなと。「カメレオン」は、バックに打ち込みが入ってるダンス・チューンでもあるんですけど。結果的にTHE Hitch Lowkeやと思われるようなものに仕上がっていて。「突き飛ばしてくれよ」は、ものすごく自分らしい曲でもあるし。