MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Last Day Dream

2015.03.17UPDATE

2015年03月号掲載

Last Day Dream

メンバー:Saimotic (Vo) Aran (Gt) Lyu (Gt) Sensei (Gt) 時王 (Ba) 藤井優樹 (Dr)

インタビュアー:小林 詩央里

-2013年6月のGEKIROCK TOUR VOL.8大阪公演に出演していただいた経緯もありますが、インタビューは初めてとなります。よろしくお願いします。まずは簡単に自己紹介をお願いできますか?

Saimotic:ヴォーカルしてます。Saimoticです! 作曲、作詞も担当してます。

Aran:ギターのAranです! Aranは本名ではありません(笑)。

Lyu:主にリード・ギターとガラ悪い兄ちゃんやってます。Lyuです。

Sensei:兵庫出身のギタリストSenseiです。よろしくお願いいたします。

時王:ベースの時王です。現メンバーで1番年下で去年末に加入しました!

藤井優樹:こんにちは! 大阪出身のケーポペンドラマーのふじいゆうきです! よろしくです!

-Last Day Dreamの結成はいつなのでしょうか?今のメンバーが集まった経緯と合わせて教えてください。

Saimotic:自分が前のバンドを脱退して、結構経ってから新しいバンドを始めようと思い、身内からメンバーを探すのは辞めてイチから探そうという意味で某SNSとかでメンバー募集したんです。そこでSenseiと優樹君とは出会ったんですけど、全然メンバーが集まらなくて。やっとメンバーが揃って活動らしい活動ができたのが2012年11月後半ぐらいですね。そして、2013年5月24日からライヴ活動を始めたのですが、それから当時別のバンドに所属していたAran、Lyu、時王に出会いました。同じ時期にライヴ活動し始めた仲だったので、お互い意識してました。Aranに関しては酒の席で毎回、僕に"絶対、LDD(Last Day Dream)潰す!!"言うてました(笑)。うんでLast Day Dreamの初期メンバーたちの脱退が決まったときに向こうもバンドが解散が決定してたので、軽いノリで"Last Day Dream入らない?"って聞いてみたら"やる!"って即答でした(笑)。

-個々の技量の高い6人だと思いますが、もともとみなさんメタル/ハードコア・シーンでプレイヤーとして活躍されていたのでしょうか?

Saimotic:僕はLDDの前はメロディック・デス・メタル・バンドに所属してました。メタル/ハードコア・シーンでもやっていましたが基本はメタル・シーンでやっていましたね。たまにヴィジュアル系のセッションにも参加していました。

Aran:LDDに入る前はLyuと一緒に別のメタルコア・バンドで活動してて、何度かLDDとも同じステージでライヴしたりしてました。

Sensei:新潟のメタル・シーンでプレイしてました。

時王:高校の時はオルタティヴ/ギター・ロックみたいなバンドでシャウトとベースをしていて、卒業してからは自分の新しいバンドをしつつ、サポートなんかもやってました。LDDにも1度サポート・ベーシストとして参加してましたね。

藤井優樹:高校生のときにSLIPKNOTのコピバンで文化祭のライヴに出ました。メタル/ハードコア・シーンでプレイしたのはLDDが初めてです。

-バンドを始めるきっかけとなった音楽的ルーツをそれぞれ教えてください。

Saimotic:僕は邦楽でしたら黒夢です。洋楽でしたらSLIPKNOTですね。

Aran:ギターを初めるきっかけとなったのは中学のころ友人に借りたMARILYN MANSONです。

Lyu:中学生のころに聴いた80sハード・ロックやヘヴィ・メタルがルーツです。ギターを始めたりバンドを組むきっかけになったりしたのも、そのような音楽のお陰でもあります。

Sensei:HELLOWEEN、BLIND GUARDIANなどのジャーマン・メタルです。

時王:V系がルーツです。中学生のときthe GazettEのミュージック・ビデオで衝撃を受けて、そこからはヴィジュアル系の音楽ばかり聴いてます。今でも最近のヴィジュアル系バンドを観にライヴハウスへ行ったりもしています。

藤井優樹:SAOSINのドラマーに憧れてドラムを叩いてました。今はAPINK(※韓国の女性アイドル・グループ)のドラマーになることを夢見ています。