MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Ghouls Attack!

2015.01.09UPDATE

2015年01月号掲載

Ghouls Attack!

メンバー:ショウイチ大尉 (Vo) ともぴー上級曹長 (Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-自己紹介からお願いします。

ショウイチ:......階級を忘れたので紙資料見ていいですか?

-全然問題ありません(笑)!

ショウイチ:ええと、ショウイチ大尉である。

ともぴー:私はともぴー上級曹長です。

-紙資料のメンバー紹介欄もサバイバル・ゲームの格好をしてますが、これは?

ショウイチ:ギターの日野大佐がサバイバル・ゲームが好きで、先日もそんな場所でミュージック・ビデオを撮ってきました。日野大佐がインパクトあることがやりたいということで、"銃なら家に20丁近くあるぞ"と。"マジか?!"と(笑)。

-ほんとに好きなんですね。

ショウイチ:銃買う前にギター買えよって話なんですけど。完全に悪ノリです(笑)。

-では本題に入りたいんですが、今作は約4年ぶりの音源ですね。

ショウイチ:武器を磨いていたと言いますか。来るべき闘いに備え、日々訓練をしておりました。

-ずっとその設定でいきますか?

ショウイチ:はははは。いや、いろいろとタイミングがありまして。

ともぴー:マイペースに次はどういうものを発表すればいいのかなって、常に考えてました。

-バンドのスタンス、音楽的な方向性など、いろいろ考えていたんですね。結構悩んでいたんですか?

ともぴー:そこまで悩んではないんですけどね(笑)。

ショウイチ:今思い返すと、どういう音を出せば新しいのか、どうすればより多くの人に知ってもらえるのか。それを悩んでいた時期はありました。

-何を1番悩んでました?

ショウイチ:メタルコアに飽き飽きしてたので、Ghouls Attack!にしか出せないオリジナリティを考えると、これでいいのかなって。

ともぴー:前作の後に曲もできたけど、みんな全然納得できなくて。自信を持って出せる音源ができないし、自分たちの中で全然しっくりこなかったんですよね。

-前作を出したことで新たに見えてきた部分はあります?

ショウイチ:前作は僕のグッチャグッチャしたところ、自分の中にある悪の部分ばかり出してたんですよ。歌詞も大量殺人とかわけわかんないことを言ってたので。

ともぴー:ははははは。

ショウイチ:今回の歌詞は前作とは全く違う、ポジティヴなメッセージ性の強いものを書いてます。Ghouls Attack!をまだやりたいので、未来に向けて発信していきたいなと。

-ネガティヴからポジティヴへ、そこまで心境の変化があったのはなぜですか?

ともぴー:曲を作るうちに"これやばい!"というものが生まれて、俺たちはこっちの方向がいいんじゃないって。具体的に言うと、合唱するパートだったり、もともとやっていた疾走するパートや叙情的な部分も入れようと。前作は自分のやりたいことだけをやってたんですよ。アンサンブルというより、楽器がとにかく好きで、やりたい放題にプレイするみたいな。今回はGhouls Attack!って何なの? と自分に問いながら、手癖だけで終わらせず、バンド全体を考えながら作り上げました。