MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

THE GAME SHOP

2014.10.10UPDATE

2014年10月号掲載

THE GAME SHOP

メンバー:KIMITO (Vo)

インタビュアー:沖 さやこ

-Track.3「Everything is OK」はイントロの哀愁のあるギターも耳を引きます。"すべてはまだまだこれから"など、強いメッセージが込められた曲なのでは、と思いました。

この曲はなかなか上手くいかないことが多い人生だけど、必ず続けること、生きることですべてはいつか良くなる、自分を信じて前へ進もうという思いを込めました。そして俺たちだってまだまだこっからだって気持ちも歌詞に込めたつもりです。未来栄光です!!

-DJ T-AK氏との制作曲のTrack.4「Nothing is Possible」はドラムンベースでしょうか?

このビートはドラムンベースではないです!! 特殊ではありますが、四つ打ちハウスです。T-AK氏が作った骨組(スケッチ)にTGSが色付けや構成を引き伸ばし、メロディやラップも乗せ完成しました。

-Track.5「CrossCulture」はMeloiksigNのKITさんをフィーチャリングしていますが、どういう経緯で実現したのでしょうか?

むちゃくちゃ仲がいいもんで、前々から企んではいました。そして遂に実現できた感じですね!!

-MeloiksigNもヒップホップ、サイケデリック、ダブステップ、ハードコア、メタル、パンクに至るまで、TGSと同じく積極的に自分たちのルーツを取り入れたデジタル・ロック・バンドですが、やはり彼らのような存在は励みになりますか?

まさにですね! 共に同じシーンを盛り上げていく盟友ですし、ほんとにいろんなことを話せる兄弟だと思っています。かっこいいバンドなんで注目してほしいです!!

-そんなKITさんを招くというのは、ライバル心みたいなものも浮かびそうな気がしますが、実際どうでしたか?

そうですね! KITに関しては、ぶっ潰してやるつもりです(笑)。嘘です。マイメンなんで!

-DubscribeさんとSeihoさんのリミックスをもらってのご感想は? SeihoさんのリミックスはTGSに新風を吹かすリミックスですね。

Dubscribe、Seiho共に日本を代表するトップ・クリエイターです。リミックスを聴いて感動しましたし、勉強にもなりました。このリミックスの関係を作れるのはほんとにクラブ・ミュージック・カルチャーのいいところだと思います。Seihoのリミックスに関しては完全に自分たちにない感覚なので衝撃でした。毎日聴いております(笑)。

-『FUTURE GAME』を制作するにあたって、ご自分たちに変化があったり、改めて気付いたことなどはありましたか?

この作品は『HYBRID GAME』に続いて新たな感覚や感性で楽曲制作ができたと思います。海外ツアーが自分たちをアーティストとして成長させてくれたし、たくさんのジャンルの音楽を聴いて今までにない音楽に辿りつけたと思ってます。

-今後の活動の予定や、近々の野望などがあれば教えてください。

来年はビッグ・フェスへ!!!!!!!