MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

THE GAME SHOP

2014.10.10UPDATE

2014年10月号掲載

THE GAME SHOP

メンバー:KIMITO (Vo)

インタビュアー:沖 さやこ

-『HYBRID GAME』が完成後すぐに動き出していた、と前回のメール・インタビューでもおっしゃっていましたが、具体的にどんなアクションを起こしていたのでしょう?

『HYBRID GAME』完成後すぐに楽曲の制作に取り掛かりました! むしろ同時進行な勢いでした(笑)。

-『CONTROL GAME』『HYBRID GAME』ときて、今回は『FUTURE GAME』というタイトルですが、このタイトルに込めた想いとは? それは今作のコンセプトと繋がりますか?

そうですね。THE GAME SHOPとして夢や遊び心を創造するというコンセプトが常にあります。なので作品のタイトルに統一感を持たせ、根底は変えず進化を作品に詰め込んだつもりですね。

-今回はヴォーカルとギターの音色を生かしたサウンド・メイクが印象的でしたが、そういうおつもりではありましたか?

あまり意識はしていないです......がメロディアスな部分はヴォーカル・ワークによってたくさん見えたかと思います。

-Track.1「Future Game」はラップが効果的に入り、サウンドと共にリズムを作っている印象がありました。前回のメール・インタビューでも"リード曲はかなりいい感じ"とおっしゃっていましたが、どういう経緯で完成した曲なのでしょうか?

この曲はまさに自分が考えるTHE GAME SHOPの音楽を未来に向けて作ったつもりです。今あるロックの感覚とベース・ミュージックの味をうまくMIXできたかと思います。この曲がまだ先の自分たちの音楽へと導いてくれる気がしています。

-Track.2「Bit Funk」はファンクと8bitのミックスが、TGSとしても新機軸だと思います。どういうアイディアから生まれたものでしょう?

まさにファンク!! ブラック・ミュージックの感覚とグリッチ・ホップですね!! そして俺たちはバンドだってところをこの曲のセッションからなる構成に落とし込んだつもりです。あと個人的にもメンバーもジャズ、ファンク、ソウルなど、グッド・ミュージックが大好きなもので(笑)。

-「Bit Funk」のサウンド・メイクはどうなっているのでしょうか? ホーンは打ち込みなのでしょうか? それとも生音なのでしょうか?

この曲は生ドラムやホーンセクションのサンプリングとエレクトロ・サウンドの融合ですね!

-この曲もラップが効いていて、テンポ感も相まって少し懐かしさもありつつ、BEASTIE BOYS的でもあるなと思いました。演者も今までとは違った楽しみかたができる曲だと思いますが、いかがでしょう?

そうですね! オールドスクールなブレイクスのビートとファンク感はまさにBEASTIEのイメージはありますね。演奏もよりバンド感やグルーヴが必要な曲なので、ライヴで披露するのが楽しみです。