MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SLIPKNOT (Jim Root)

2014.10.10UPDATE

2014年10月号掲載

SLIPKNOT (Jim Root)

メンバー:Jim Root (Gt)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-また初期SLIPKNOTを髣髴させるカオティックな要素が多いように感じました。前作までの作風としては、段々音が整理されてカオティック感が減退してきていたと感じていたので、ある意味初期衝動感が戻ってきて興奮しました。そういう点は意識していましたか?

それはそんなに意識してないな。俺が家でいろいろリフを考えたり大まかな構成を考えたりしていたんだけど、今回はふたりが加わったから、いつもとちょっとプロセスが違っていた。例えばドラマーが俺たちと合うかどうかとか、そういう点も意識に入れないといけなかった。基本的には俺がアレンジメントを録音して、メンバーに聴かせてから彼らの意見を聞いて、そこから進化していく。もしCoreyがアレンジメントに違うアイディアがあったら、それも取り入れる。彼はヴォーカリストだから、そのへんは彼に任せている。初期にやっていたことに戻ろうとかそういう考えはないな。アイディアが浮かべばそれを使う、それにどんどんレイヤーしていく感じだよ。聴いていて退屈じゃないものとか、しっかりとしたアレンジメントができるまでその作業の繰り返しだね。

-Clownがデザインした新ドラマーと新ベーシストのマスクは同じデザインに見えますが、なぜふたりのマスクを同じデザインにしたのでしょうか?

まあ、同じではないけど、ほとんど一緒だね。その理由としては、ふたりがバンドにやってきて、すぐに正式メンバーとして受け入れられないってところだな。少しは努力して、本当にやりたいという姿勢を見せてもらいたいんだ。今は俺たちと同じレベルになるようにすごく頑張ってもらわないといけない時期だと思う。バンドの中でそれぞれの個性を作り出してもらいたいんだけど時間がかかるかもしれないし、作り出せるかどうかもわからない。今の段階は名前も何もなく、ジェネリックなメンバー的な存在でいてもらう。

-また新ドラマーと新ベーシストはどなたでしょうか?なにかヒントのようなものでも結構ですので教えていただけますか?

今は彼らが誰なのかって重要じゃないと思う。もしかしたらずっとバンドにいるかどうかもわからないしね。

-先ほども言いましたが、本当にすごい作品に仕上がっていますね。あなたがたがシーンに登場して以降もSLIPKNOTにインスパイアされたバンドやメタルコアやデスコアなど新しいヘヴィ・ミュージック・スタイルのバンドが次々に現れていますが、今作を聴いて今なおシーンの頂点にいるのはあなたがただと確信しました。後続のヘヴィ・ミュージック・バンドに対して今作で伝えたいことがありましたら教えてください。

影響を受けるのはすごく大事なことだと思うけど、もう出ている音楽やバンドの真似をしても仕方ないと思う。もう真似する連中で飽和状態だからね。自分の道を切り開いて、突き進むのが大事だと思うんだ。本当に成功する人たちにしかできないことだから、そこに全神経、全感覚を注ぎ込んで、自分の何かを生み出すべきだと思う。それで世界に対しても"新しい"ものを送り出せるわけだよ。ただそれにもレベルがあって、あまりにもレベルが高過ぎて人に理解されない危険もあるので、バランスを見つけることだよ。自分のためにやる、それで幸せを感じるんだ。誰かのために音楽をやらないで、自分が信じているものをやるべきだと俺は思うよ。

-そして、11月15日、16日にはあなたがたの主催のフェス"KNOTFEST"が日本で開催されます。自分たちのフェスが日本で開催されるというのはすごく楽しみなことなんじゃないでしょうか?

楽しみにしているよ。日本も久しぶりだから早く行きたいね。

―"KNOTFEST JAPAN 2014"は一体どのようなものになるのでしょうか?今からすでに楽しみで仕方ないのですが、私たちは何を期待したらいいのか教えてくれますか?

面白いフェスになると思う。エキサイティングなことになると思うよ。俺もいつもと違うことをするのに期待している。日本ってすでにアイディアが豊富でいろんな形のフェスをやっているからどれだけ画期的なことができるかまだわからないけどね。

-世界各国で支持されているあなたがたですが、母国アメリカの次に選んだ開催地がなぜ日本だったのでしょうか? また日本でのKNOTFEST開催に対して最も期待することを教えてください。

アメリカでやってみたらすごく楽しい企画だったから、日本でもぜひやりたいって思ったんだ。ヨーロッパでもトライしたいけど、ヨーロッパってフェスばかりやっているから、日本ほど意味がないかもしれないんだ。どんなことができるか何が起きるか見るだけでも期待しているよ。

-最後に日本のMaggots(SLIPKNOTファン)に対して、最新作についてのメッセージとKNOTFESTに向けてのメッセージをお願いできますでしょうか?

また日本に戻れることはすごく楽しみだし、嬉しい。日本は俺たちが大好きな国だよ。見るのもプレイするのも。KNOTFESTに足を運んで、俺たちを観に来て欲しいし、一緒にショッピングしようぜ(笑)!

-ありがとうございました。