MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ALTER BRIDGE

2014.03.14UPDATE

ALTER BRIDGE

メンバー:Myles Kennedy (Vo/Gt) Mark Tremonti (Gt/Vo)

インタビュアー:荒金 良介

-東京は40数年ぶりの大雪で、今日もまだ雪が残ってますが。あなた方も10年間ツアーを重ねてきて、大変だった出来事はありますか?

Mark:う~ん、そんなに大きなトラブルはないかもしれないね。MylesはSLASHとツアーしてるから、何か大変なことがあるんじゃないの?

Myles:はははは。今すぐには思いつかないけど、レバノンでライヴをやったときにステージの裏に洞窟があって、そこでヴォーカルのウォーミング・アップをしたのは刺激的な体験だったよ。

-話を音楽に戻しますが、最新作を制作中によく聴いていた音楽を教えてもらえますか?

Mark:アルバムに制作に取りかかる前に、ちょうど自分のソロ・アルバムのツアーが終わったところだったんだ。ソロ・アルバムのメンバーはプログレッシヴなメタル・バンドが大好きでね。その影響もあって、PERIPHERY、IN THIS MOMENT、TWELVE FOOT NINJA、ANIMALS AS LEADERSはよく聴いてたね。ああいう音楽はリズムが複雑だけど、すごく面白いリズムも多くてね。それは最新作の1曲目「Cry Of Achilles」に活かしたところはあるね。

Myles:僕はMASTODONをよく聴いてたよ。あと、同じ時期にGOJIRAも聴いてたね。その辺の影響は1曲目「Cry Of Achilles」の出てるんじゃないかな。同時にSTEELY DANのような全く違うタイプの音楽も聴いていたよ。

-MASTODONのどこが気に入ってます?

Myles:突飛なアイデアやアレンジも多いし、1曲の中にアドベンチャー風味のストーリーを感じさせるから、そういうところが好きだね。

-改めて、お2人が影響を受けたアーティストを教えてもらえますか?

Mark:最初はサンフランシスコのスピード・メタルが好きでMETALLICAを筆頭に、コード進行はCELTIC FROST 、アグレッシヴな面はBLACK FLAG、リフはSLAYERに大きな影響を受けた。TESLAも好きだね。もう少し後に自分がリード・ギターを弾くようになると、Paul Gilbert、Vinnie Moore、Steve Vai、ブルージーなギタリストだと、Robben Ford、Joe Bonamassa、今いちばん好きなギタリストはDerek Trucksだね。

-Mylesさんはどうですか?

Myles:Stevie Wonderは偉大な尊敬するヴォーカリストで、彼の曲はよく歌ったよ。ギター面でLED ZEPPELINもよく聴いていたから、Robert Plantも好きだね。ほかにはギタープレイヤーだとEdward Van Halen、フュージョンも好きになったから、それからMike SternやFrank Gambaleも聴くようになった。あと、John Sykesも好きだね。WHIE SNAKEも聴いていたから、David Coverdaleも好きだよ。

-LED ZEPPELIN好きは、最新作の1曲目「Cry Of Achilles」や5曲目「The Uninvited」に色濃く表れてますね。

Mark:僕ら2人ともLED ZEPPELINは大好きだから、それは自然と出てるかもしれないね。

-あと、Mylesさんの歌声は時折David Coverdaleを彷彿させますよね?

Myles:そう言ってくれたのは君が初めてだよ。

-いやいや、そんなことはないと思いますが。

Myles:あまり気づく人は少ないんだ。David Coverdale、Paul Rodgersも好きだからね。

-Paul Rodgers、Robert Plant、David Coverdale、この3人に共通するのはブルース・フィーリングを持つヴォーカリストで、あなたの歌声にもブルースの血は流れていると思います。

Myles:ああ、そうだね。

-歌詞も切ないものが多く、それもあなたの憂いを帯びた歌声と非常にマッチしてます。

Myles:ああ、そうだね。歌詞や音楽は多くの人の琴線に触れるものをやりたいからね。そう言ってもらえると本当に嬉しいよ。