MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

DAUGHTRY

2013.12.11UPDATE

2013年12月号掲載

DAUGHTRY

メンバー:Chris Daughtry (Vo/Gt)

インタビュアー:沖 さやこ

-それは運命的ですね。人柄的にはみなさんいかがでしたか?

最高の時間を過ごしたよ。本当に楽しかった。MartinやSamもそうだし、Claude KellyもJohnnie Blackも......今までやったセッションの中でも最高の部類に入るね。

-今作はChris Daughtry自らプロデュースを手がけているとのことですが、プロデュースの上で重要視したことはなんですか?

信じられるものにしたかったね。何をやっているのか分からないものにはしたくなかった。あまりに斬新でもはや俺たちじゃないみたいなものにするのは嫌だったんだ。例えば、ダンス・アルバムを作るつもりはなかったってことだね。ポップな要素を入れたとしてもロックの要素は絶対だったし、オーガニックな雰囲気も欲しかった。信じられるものにすべきだという確信があったね。今はそれを達成できたという実感があるんだ。

-今作を作ることで今までとは違った未来が見えてきたのではないでしょうか。

そうだね。しかも、ライヴでは古い曲もプレイできるというのがクールだね。みんなが聴きたくなるような壮大なロックもあるし、そういうのを演奏するのをやめるってことはないと思う。引き続きギターでガツンとくる曲の合間に、今回の新曲を織り込めるのが楽しみだよ。音楽性が多様になっていく気がする。

-今後はもっとポップな曲にも挑戦していくのでしょうか。

俺にとっての"ポップ"な曲というのは、聴いてすぐに"いいね、気に入った"と思えたり、一緒に歌ったりできるようなメロディのことなんだ。すぐに耳に馴染むようなね。だから俺は以前からいいメロディといいポップ・ソングに目がなかったんだ。俺のソングライティングにも、詞やメロディにそういう要素を取り入れてきたと思う。でも、どんなアルバムができるかは予測ができないんだ。今回も実際に作るまではどんなものになるか分からなかったしね。そういうものは自然発生的であるべきだし、自然にしっくりくるものでないと。そうでないときは、何かが間違っているんだ。

-ファンの皆さんにとっては、今回のアルバムは予想外の内容だったのでは。

予想外ではあっただろうね。「Waiting For Superman」を聴くまではどんなものになるか全く見当も付かなかっただろうから。『Baptized』で最初にみんなが聴いた曲がそれだった。"一体どういうことだ?"と思った人も中にはいたと思うよ。でも、音楽の歴史や偉大なアーティストたちの軌跡を見てみても、常にサウンドを進化させて、新しいものにトライしているだろう?いつかは俺たちもその一員になれることを願っているんだ。色んな挑戦を恐れずに、なおかつ自分の持ち味を出し続け、いい音楽を作れるようなアーティストにね。

-まだ来日公演が行われていないので、日本のファンもだいぶ待ちくたびれています(笑)。来日公演の希望などはありますか?

俺たちも待ちくたびれているよ。というか、もう待てないよ(笑)。何とかして行きたいね。俺は日本に行ったことがないんだ。

-日本にはどのような印象をお持ちでしょうか?

オーディエンスが世界一だって話はよく聞くね。日本のファンは音楽にとことんのめりこんでくれるって。素晴らしい噂しか聞かないよ。ぜひこの目で見てみたいね。実は今日も妻と上の息子と一緒にスシとヒバチ(鉄板焼)を食べたよ。日本食はお気に入りなんだ。......日本には遅かれ早かれ必ず行くつもりだから、実現を願っていてほしいね。

-来年からはワールド・ツアーも始まるのでしょうか?

そうだね、2月下旬か3月くらいからツアーを始めるつもりなんだ。そこからずっとツアー三昧だろうな。何があるか分からないから、来年日本に行くなんてこともあるかも知れないよ?ヨーロッパには全米ツアーの前に行くんじゃないかな。アジアにもぜひ行きたいと思っているから、待っていてくれよ!