MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROOKiEZ is PUNK'D

2012.03.07UPDATE

2012年03月号掲載

ROOKiEZ is PUNK'D

メンバー:SHiNNOSUKE(Vo&Gt) 2RASH(Ba)

インタビュアー:TETU★KID

-自分達にも問いかけつつ、リスナーにも問い掛ける。そういう曲なんですね。

S:自分達がもっと上へ上へ目指してやって行く中での自分達へのメッセージでもあるんですけど、それと同時に聴いてくれてる人たちにとっても、ちょっと何かを考えるきっかけになる曲になればと思っています。

-『ZERO SATISFACTION』のライヴでの反応はどうですか?

S:反応は良いですね。大阪とか凄かったですし。

-盛り上がれる曲ですよね。

S:ライヴを意識して作った曲ではないんですけど、Aメロもパワー・コーラス的な所から始まったりするので、ぱっと聴いた人でも歌えるんですよね。

2:知ってる人はちゃんとリフでノってくれるんですよね。

S:体が動くんだろうね。

2:それを見るとさらに俺らもノって来ますね。

S:サビもシンガロング出来る部分があるから、よりライヴで一体感が出しやすい曲です。

-3月以降の予定を教えて貰えますか?

S:まずアルバムですね。アルバムをリリースしてツアーを周るというのは、まず1つの大きな流れですかね。その中で常に常にライヴっていうものは自分達でもっともっと成長させていきたいので、本当に止まることなくライヴはしていくし、その中でレコーディングだったり制作というのはバンバンしていこうと思います。本当にバンドがやるべきこと、良い曲を作って良いライヴをして、良いアルバムを出してという、すごく基本的なことなんですけど、そういう当たり前のことをひたすら突き詰めてやっていきたいと思っています。

-楽しみにしていますよ!

2:経験していく上で色んなことを学んでいってるので、特にサウンドとかは変わってるし1stアルバムだからといってインディーズ時代のものというよりは今の新しいものを入れようという流れになってるので、今の俺たちを感じ取れるアルバムになるかなと思います。

-デビューした頃と今と何が一番大きく変わりましたか?

S:バンドとしても個人としてもですけど、一番大きく変わったのは意識ですね。デビューしたころは手探りでやってたことも、今は少しずつわかってきて、ツアーとかに出て本当に多くの人達が待っててくれたり、これだけ聴いてくれているんだっていうことが、すごく実感出来る様になりましたね。本当にこの時代もそうですし、自分自身に対しても満足感が無いというのは大げさなのかもしれないですけど、ちょっとイライラする部分が多くなって、だからこそこういう風に歌いたいとかその為にもっと真剣にこうやりたいんだって思ったり、自分にはこういう風にしなきゃいけないんだとか、より見えて来たんだと思います。意識っていうのはすごく変わったなって思います。

2:結構振り返ることが多くなってきて、気付いたら人生の半分以上楽器やってるよって思って、なんでこんなに楽器やってるんだろってこの前も話したんですけど、やっぱりやりたいからなのか必然なのかわからないですけど、多分ちゃんと仕事としても出来るし、幸せな環境に居るっていうことは本当にありがたく思っていて、真面目にやろうというかストイックというか、芯が出来たのかなって最近思うようになりました。前まではデビューできて嬉しいとか良い曲を作りたいとかそういう部分だったんですけど、なんで音楽をやるのかっていうのを考えるようになって、SHiNNOSUKEのメッセージを多くの人に伝える、その為にはライヴ、ライヴをかっこよくするには演奏技術をもっと磨かないと、だとかそういう所まで考えるようになりました。

-最後にメッセージをお願いします。

2:『ZERO SATISFACTION』を聴いてライヴに来て欲しいというのが一番ですね。一緒に歌うも良し、暴れるも良し、このメッセージを感じつつライヴを体感して欲しいというのが一番なので、それに応える良いライヴをするので是非ライヴに来て欲しいです。

S:前に「IN MY WORLD」のときにも言ったんですけど、アンダーグラウンドとオーバーグラウンドの架け橋にみたいなテーマは別に今も変わらないし、その日本のメイン・ストリームを行くっていうか、すごくそういう良いバランスの曲になったなって思います。日本語だから敬遠している人も居るかもしれないけど、逆にちょっとエモさを感じるよって思ってくれたり、ロックしてるなって思ってくれたら嬉しいし、俺らは俺らのフィールドで今こうやって戦ってるって状況で、日本語は聴かないとか、海外サウンドが好きなんだって人にもちょっと聴いてもらえたら嬉しいので、まず聴いてみて欲しいです。そしてライヴに来て欲しいですね。それでこういうロック・シーンがもっと盛り上がってくれば良いなって思います。