MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ONE OK ROCK

2011.02.08UPDATE

2011年02月号掲載

ONE OK ROCK

メンバー:Taka(Vo) Toru(Gt)

インタビュアー:道明 利友

-そうですね。スピード感で突っ走るっていうイメージが最近の曲は多かった気がするんですけど、この雰囲気は今までの曲にはあまりなかった雰囲気じゃないかなって。ラウドで、ヘヴィで、でもノリがガッツリ出ててメロディはキャッチーで。

Toru:そうですね。こういう曲調でも、ストーリー性みたいなものは出したかったというか。それはやっぱり、メロディとか言葉とかサビのキャッチーなフレーズがあるからじゃないかな、みたいな。ヘヴィさとキャッチーさのギャップがあるから、耳に残るんじゃないかなって。すごくバランスが取れてる曲になりましたね、うん。

-「アンサイズニア」の歌詞は、そのサウンドが全部出来上がってから?

Taka:はい。もう本当に、最後の最後。

-ということは、タイトルの「アンサイズニア」も一番最後に出来たものなんだ。その由来は、“Answer is near”からの発想なんですよね?

Taka:そうですね。Toruも言ってたように、今回はサウンドが今までよりもクールなものになったんで、歌詞も今までみたいにベタベタに説明してるわけじゃなくて、わりとクールになってると思うんです。でも、今までの曲と一緒で、言いたいことはしっかりあって。もうまさに、さっき言ってくれたことですよね。“Answer”、“答え”はすぐ近くにある。変な例えかもしれないけど、学校で校庭を一周まわるマラソンがあったとして、そのスタートがここで、一周まわって別のところにゴールがあるわけじゃないじゃないですか。で、そのゴールって、一周まわると距離は遠いけど、じつはそのスタートのところから近くにあるっていう。そういうようなニュアンスなんですよね。

-不安や葛藤は何事にもたくさんあるけど、そこで立ち止まってちゃなんにも始まらないっていう。今までの曲でも一貫して歌ってきたそういうニュアンスのメッセージは、同世代のリスナーには特に響くんじゃないかと思います。

Taka:ならいいな! 色々考えてても始まらなくて、まずは行動するっていうことの大切さだったり。“答え”は、じつはすぐ近くにあって、でも人間はそのゴールに行き着くまでに色々考えて、色々悩んで……。で、自分の中で色々整理を付けて、ゴールにたどり着く。もちろん考えること、悩むことは必要だけど、そのゴールに向かってまず行動を起こしてみることが大切なんじゃないのかなって。そういうことを、今までとはまたちょっと違う表現で言ってるというか。今までの曲でもそれと同じようなことを僕はずっと言ってきたし、今もどんな曲でもそれは変わってないと思ってます。