MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

UZUMAKI

2009.10.06UPDATE

2009年10月号掲載

UZUMAKI

メンバー:JYU (EFFECT Vo) ATARU (MC)

インタビュアー:ムラオカ

-シングル二ヶ月連続リリースおめでとうございます。今の気持ちを教えてもらえますでしょうか?

JYU:今日まさしく「EXTINCT FREEDOM」が発売なんですよ。さらに話すと先ほどTAKUM君、JESSE君を交えてインタビューを受けてたところだったんです。なんか関係のない話ばっかりしてしまって収拾がつかない感じになってたけど(笑)今回はなんていうかavexに移籍してちゃんとした形というか、新しい一歩を踏み出せたという感じですね。バンド内の雰囲気も凄く良いし、またこういった俺たちがやっているような音楽シーンが盛り上がって行ったら良いなと思っています。

ATARU:今回のシングルは周りからの評判も凄く良いんです。ラウド・ミクスチャー・ミュージックってどうしても廃れてしまった感というのがあるじゃないですか。

JYU:ATARU、自分で言うてどうすんねん!(笑)いやこのシーンはまだまだ廃れてないですよ。確かにど真ん中の人たちっていうのは少なくなってきた感じはありますね。ヘヴィロックから派生していってるバンド、例えばORANGE RANGEやFLOWなんかもミクスチャーといわれるジャンルにいると思うし、でもなんていうかヘヴィロックが元にあって、「あ、こいつら昔メタルやってたんやろな!」っていうのが分かるのは本当にUZUMAKIや山嵐、RIZEぐらいなんじゃないですかね。ちょっとここらで大阪から来たUZUMAKIがドカンと一発盛り上げていかなアカンなと思ってます。

-SUMMER SONIC09で来日していたlimpbizkitのライヴはご覧になりました?

JYU:大阪会場で観ましたよ。

-私は東京会場で見たんですが、正直思っていたよりも凄い盛り上がりでびっくりしたんです。

ATARU:大阪も凄く盛り上がってましたね。LimpbizkitのギターはやっぱりWesじゃないとアカンなと思いながら見てました。

-ああいうサウンドって一度廃れてしまった感じがありますが、ライヴを観て思ったのはミクスチャーっていうのが一度回り巡ってきて再度盛り上がってきていると実感しました。

JYU:ミクスチャーって言われるとなんか痒くなるというか恥ずかしいというか。俺の中ではミクスチャーというと2MCでラップしてみたいな感じなんでUZUMAKIはそうじゃなくてもっとラウドロックというか・・・ミクスチャーというカテゴリーで考えると色んな音楽を吸収してUZUMAKIで消化して出したものがUZUMAKI流のロックというかラウドロックという気がするんですよね。だからミクスチャーと言われてしまうとなんか微妙な感じがあるんですよね。それを敢えてミクスチャーというのであれば、もう最近FLOWのKOHSHI君とも電話で話してたんですけど、俺たちはミクスチャーで行こうかと・・・まだ正直ミクスチャーってそんなに枠も出来きってないしこれからやと、ミクスチャーってどこまで行くロックか俺たちで証明していこうぜっていう話をしてたんですね。なんか「はい、ミクスチャーってここまでですよ」っていうのは、そういう壁みたいなものはブチ壊さなあかんのとちゃうかって思ってますね。メンバーもそういう意識で取り組んでますし。

ATARU:ミクスチャーって元々カテゴリーの無いジャンルやと思うので、でもなんか変にカテゴライズされてしまっていて。今、JYUも言っていた通り、はみ出るというか、やっぱりミクスチャーって一番可能性のある音楽ジャンルだと思うんですよ。ロックももちろんそうですけど、何を入れてもOKな訳じゃないですか。

-様々なサウンドをミックスしていくのが、ミクスチャーですからね。

ATARU:そうそう、だから新しい音楽が生まれたらそれを自然に吸収するのが普通ですし、それがウチらのスタイルだろうし、元々色んなものが混ざっていてそれを貫き通すのもスタイルだろうし、そうやってミクスチャーの中でも色々とスタイルが分かれているんですよね。

JYU:パンクロックとかメロコアやったらなんか不動やん?固定されてるやん?でもミクスチャーって進化していく音楽というか、じゃあ何がポリシーなん?ポリシーないの?じゃあ無いで良いです、と。ポリシー無いのがポリシーですっていうくらいの勢いです。今面白いと思うものをいかにロックで消化できるのかというのが俺らのスタイルなんですよ。なんていうか村八分じゃないけど、そのミクスチャーという村の掟に従って狭いところでやるのは無しやなと思うんです。

ATARU:ポリシー無いのがポリシーというか、ホンマに新しいものにドンドンなっていくものやと思うんですね。

JYU:可能性あるよな。

ATARU:例えば去年出したアルバムと今年出したアルバムでやっていることが全然違ってもメンバー自身の芯はまったく変わってないし、その間に聴いた音楽ももちろん吸収しているし、結果できたものを聴く人によって変わったと認識するかもしれないですが、自分ら的には何も変わってないんですよ。より自分たちが求めている形になっているだけなんですよね。なんだか変にメディアに作られすぎているなという感はありますね。