MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

THREE DAYS GRACE

2009.10.13UPDATE

THREE DAYS GRACE

メンバー:Adam Gonteir(Vo&Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-ここしばらく、あなたを追い回してしまいました(笑)

わかってる、わかってる。申し訳なかったね。でも、このところ本当に、ハンパじゃなく忙しかったんだ。

-では、まず・・・THREE DAYS GRACE らしい、哀愁や悲しみが色濃く描き出された、メロディの美しいアルバムがまた仕上がりましたね。

どうもありがとう。

-あなた自身、今作の出来はどう感じていますか?

僕はすごく満足しているよ。他のメンバーも全員・・・バンドとしてすごくハッピーだ。僕らの感覚では、今回のアルバムは今までのどちらともちょっと違っていて、例えば・・・実験性があったりする。スタイルの幅も広がったと思う。サウンドにも生々しさが欲しいと考えて、それで今までとはタイプの違うスタジオを選んでみたんだ。そこはライヴ・サウンドが最高でね。狙いとしては、バンドが揃って1つの部屋に集まり、演奏しているような空気感を何とか出したくて、それを追い求めたつもりなんだけど・・・うん、それは実現できたんじゃないかな。

-そうですか。で、プロデューサーは変わらずHoward Bensonですね。レコーディングはスムーズでしたか?

ああ。彼もそうだし、彼と一緒にいるチーム全員が優秀で、THREE DAYS GRACEが求める音をわかっているから、すごくスムーズだった。

-どの曲も、さすがにメロディが素晴らしいんですが、それにしても、このそこはかとない悲しさは何なんでしょう・・・(笑)

ははは・・・、いやぁ、僕には全然、フツーのことなんだけどね。やっぱり、子供の頃に聴いていたバンドの影響が大きいんだろうな。主に影響されたのがシアトルのミュージック・シーン・・・PEARL JAMとかSOUNDGARDENとか、そういうのを聴きながら自分でも曲を書くようになっていったんで・・・。それに、僕にとって曲作りは自己表現であり、様々な思いを吐き出す・・・解放する手段なんだ。歌詞に関しては特にそう。普段、うまく表現できない思いを曲で発散しようとするから、そういう雰囲気になるんだと思う。

-辛い、苦しい思いを曲にするというのは、本当に発散になるんですか。なんだか、改めて自分の気持ちと向き合って、しかもそれを世に曝け出すというのは、余計に辛いことのようにも思えるんですが・・・。

うん、言ってる意味はわかるけど、僕の場合はそんなことはないよ。むしろ無理の無い、自然な行為に思えるんだ。ギターを抱えて音を鳴らしていると、自然と気持ちが曲になって出てくる。ホント、フツーのことなんだよ。それに僕は、歌詞を書くなら何かしら意味のあることを書きたいと思っているから、ああいう内容になるのも当然のことで、意味深いものを追求すれば自ずと心の奥底の、割とダークなところへ行き着くことになる。ただ、今回のレコードの特徴として、僕らにしては明るいというか、気持ちが高揚するような側面も少しあって、タイトルの『Life Starts Now』(意味:人生は今、始まる)というのも、それを象徴している。

-そうですね。

自分が今、置かれている状況を見極めて、最善を尽くし、改善を目指す・・・というのが、あのタイトルの言いたいことなんだけど・・・、うん、だから、今回のレコードには、いつもより少し、気持ちの昂ぶりを感じさせる歌詞が多くなってる気がするよ。もちろん、迷いとか戸惑いとかが、すっかり消えてなくなっているわけじゃないけど。

-えぇ。その“Life Starts Now”がアルバムの最後に出てくることで、希望を感じさせる幕切れになっている、と考えていいですか。

あぁ、その通りだよ。

-なるほど。2007年に一度だけ原宿アストロホールでライヴを行っていますね。来日は本当に短い期間で、ライヴもチケットが手に入らなかったファンの方が多いくらい小さな会場だったのが残念でしたが、あの時の日本のことは、何か覚えていますか。

もちろん!僕らにとって、あれは素晴らしい経験だった。日本の良い噂は知り合いのバンドからたくさん聞いていて。行ってみたら、聞いていた通りファンが最高だったな。会場は超満員。みんながみんな歌詞を覚えてくれていて、最初の曲から最後の曲まで大合唱が起こったのが感動的だった。

-というわけで、日本はその一回切りですが、北米ではTHREE DAYS GRACE は大活躍で、前2作のアルバムはいずれもミリオン・セラー。移り変わりの激しい音楽シーンの中で、その安定ぶりはどこに秘訣があるのでしょうか。

僕らの場合、何よりも地を這うように細かくツアーをすることで、何も無いところからファン・ベースを築いてきた、というのが一番、自信になっていると思う。売れるレコードを作って、売れたからツアーして・・・というんじゃなくて、まずツアーありき。実際、ほぼ4年間ぶっ通しでツアーしてきた。もちろん、たくさんの人が共感してくれるような、良い曲を書く努力もしてきたよ。だから、曲と、そしてツアーの積み重ねで今があるんだ。