MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

RISE AGAINST

2009.04.19UPDATE

RISE AGAINST

メンバー:Tim McIlrath (Vo&Gt) ,Joe Principe (Ba) ,Zach Blair(Gt) ,Brandon Barnes (Dr)

インタビュアー:吉野 将志

-PUNKSPRING、お疲れ様でした!!とっても素晴らしいライブとなりましたね!!参戦してみていかがでしたか?

Joe Principe(以下J):すっごい楽しかったよ。BAD RELIGIONやNOFXなんかも昔から友達だったから、そいつらと一緒にまわれてすっごい面白かったよ。

-ありがとうございます。他のメンバーの方はどうですか?Zackはいかがでしたか?

Zach Blair(以下Z):(まさか自分に振られるとは予想していなかったので動揺しながら) ハーイ!!

一同:爆笑

Z:とにかくあの会場のでかさに圧倒されたんだ。反応もそれに比例してとても大きかったので、たぶん今までの中で規模もそうなんだけど、一番いいショウだったんじゃないかな。

-今回はNOFXやBAD RELIGIONなどと名だたるパンクバンドが出演しましたが、特に印象的なエピソードはありましたか?

J:ZachがTHE DAMNEDのステージに飛び入り参加したことかな・・(笑)

Z:彼らは本当に最高だったよ。僕は彼らの大ファンなんだよ!!

-あなた方がステージに登場する前に後ろのほうで待ちきれなくて、熱狂的なファンがサークルピットを作っていたのはご存知でしたか?

Tim Mcllrath(以下T):とってもすばらしいことだね!!

-そのサークルピットからもわかるように、あなた方のファンには熱狂的なファンが多いように感じます。そこまで彼らがあなた方に入れ込む理由はなんだと思いますか?

T:あーどうしてなんだろうね。なにか本能的なものに訴えかけるものがあるのかもしれないね。でも曲っていう音楽的なところのみならず、メッセージも相まって伝わっているからこその反応なのかなという気がしているよ。

-RISE AGAINSTというバンド名にはどんな想いが込められているのでしょうか?

T:最終的にこれだ、これが僕らのミッションみたいな意味をもったものは一つもないんだよ。僕らのバンド名はいろん な捉え方があるので気に入ってつけたというところもあるんだ。ただ、しいて言うならば、ハードコアやパンクのコミュニティでは特に、いろんな障害を乗り越 えるために音楽をやっている人が多いよね?僕らもそうだし、その障害というのは例えば周りの個人の間関係だったり、もっと大きな国の政策だったりとさまざ まな障害を乗り越えて、立ち上がる、というのが僕らとしてはピンときたバンドの名前なんだ。

-先ほどハードコアやパンクのコミュニティでは障害を乗り越えるために音楽をやっているんだというTimの意見に対して、Brandonはどう思いますか?

Brandon Barnes(以下B):確かにその通りだと思うし、もう一つ僕らは意見をはっきり言えという意味をこのバンド名に感じているんだよ。というのも時には変 化を起こそうと思ったら自己主張も必要だからね。僕はこども頃、わりと無口でね、意見を自分から言うほうではなかったんだけど、このバンドの名前を見るた びに自分の意見ははっきりと言わなきゃいけないときもあるんだと感じるんだ。

-新作『Appeal To Reason』について伺います。本国では10月にリリースし、今回のPUNKSPRINGでも披露しましたが、反応はいかがですか?

B:すごくいいと思うよ。やっぱりいろんな声が聞かされるけども、最終的なテストはライヴに来てくれたキッズの反応を見ないとわかんないと思っているんだ。でも見る限り、みんな喜んでくれているようだし、演奏する僕らとしても新しい曲をやっていると楽しいんだ。

-今作ではプロデューサーにBill Stevensonを迎えていますね。彼があなた方と今作にもとらしたものは何でしょうか?

T:もう五人目のメンバーみたいな存在だしね、それぐらい僕らのことを理解してくれているんだよ。僕らのバンドが大 きくなるにつれて、周りの環境との違和感をすごく感じるようになってきていて、つまり周りを見ればラジオとかでガンガンかかっているような、コマーシャル レベルでの成功を収めているバンドが大勢いるよね?そういう中に僕らも同じところに並べられつつあるんだ。でも、このバンドの本質はそういうやつらとは全 然違うんだ。もし変なプロデューサーがついたら、そっちと同じ方向に持ってかれてしまうんじゃないかという不安はるけど、彼にはそんな心配は一切なく、本 当に理解してくれているというところがいいところだね。

-その共同作業の中で最もこだわった点を教えてください。

J:とにかく自分達の成長を見せられればそれでいいと思っていたんだ。ソングライターとして、ミュージシャンとしてね。感情の部分でも、自分のたちの中にある感情をきちんと表現できればということだけは常に考えていたね。