MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

UNDEROATH

2008.10.01UPDATE

UNDEROATH

メンバー:Grant Brandell (Ba)

インタビュアー:MAY-E

-ニュー・アルバム「Lost In The Sound Of Separation」を聴かせて頂き、今とても興奮しています。クリエイティヴ且つバラエティに富んだ素晴らしい作品ですね。

ありがとう。歌詞に関してはSpencerが全て担当してるから彼に聞いた方が良いんだけど・・・曲に関しては新しい要素を取り入れていろいろと試してみたかったんだ。今までよりもオーガニックでリアルなサウンドを作り上げたくてね。

-タイトル通りにアートワークもセパレートしていますが、このアートワーク上下の対照的なイラストは、それぞれ何を表しているのですか?

アートワークに関しては、見た人によってそれぞれの解釈ができるように工夫したんだ。 アートワークにはアルバムのタイトルの通りに「夢中になっている」「没頭している」というベースとなるテーマがあるけども、具体的に何のことなのかは人それぞれで考えてくれれば良いよ。

-M1のお遊び的なイントロを粛正するように怒号と轟音が鳴り響き、その後の畳み掛けるような展開には思わずゾクゾクとしてしまいました。誰のアイデアですか?

ははは、良い表現だね(笑)楽曲は全部一応グループとして書いてることになってるけど、実際のところリフとかの構成のほとんどはTimとAaronが最初に作って、それからみんなで調整していくって感じなんだ。

-M4「Emergency Broadcast」、M9「Desperate Times」などのアグレッシヴな曲は特に人気が集まりそうですが、アルバム全体を通して前作と比べメロディアスな面を取り戻したようにも感じましたが、その点はいかがですか?

実を言うと今回のアルバムに関してはよりヘヴィな面を重視していたよ。でも典型的なハードコアのヘヴィさではなくてね。サウンドがソフトなパートでもヘヴィなパートでも楽曲の中で様々なメロディーを奏でるようにベストを尽くしたんだ。

-これまでのあなた方の楽曲もそうでしたが、比喩を使ったり曖昧な歌詞にするバンドが多い中、本作のM10「Too Bright To See」、M11「Desolate Earth」ではよりストレートな歌詞で歌っているようですね。

俺達はいつもクリスチャン・バンドであることをオープンにしているけど、そのことを強調してるわけではないんだ。人間の言葉や歌詞といったものは生活の中での様々な体験から出てくるものだから。それをクリスチャンの視点から書いているだけなんだよね。

-特にM11は、サウンドの面においても他の楽曲とは対照的ですね。このような楽曲に挑戦するヘヴィー・ロック・バンドは珍しいので新鮮味があります。ファンにはどのように受け入れられると思いますか?

できれば一度新鮮な空気を深呼吸してから聴いてほしいな。この曲は今までとは何か違うことをやろうとしてできたものだからね。

-冒頭のM1と最後のM11とでは、雰囲気が全くことなる楽曲であるのが面白いです。これがつまり「The Sound Of Separation」ということですか?

まさにそういうことだよ。最後の曲のサウンドも歌詞もこのアルバムを締めくくるのに最もふさわしい曲だと思っている。

-まだ歌詞の全てに目を通したわけではないのですが、過去4作品の中で一番信仰心の表れた作品だともとれるのですが、いかがでしょうか。

歌詞に関しては、今までで最高なんじゃないかな。SpencerにとってはUNDEROATHでは3作目になるし。俺達にとって楽器が不可欠な存在であるように、彼にとってはボーカルと歌詞が不可欠な存在なんだ。そして、より良いものを作ろうと頑張ってくれてるよ。