MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Perfake Perfect

凛として時雨

『Perfake Perfect』

Release Date : 2021-01-20
Label : SMAR

CD : ¥5,500 → ¥4,599
amazonTOWER RECORDSTOWERHMV icon

TKと345のハイトーンVoの切迫感のある掛け合い、徐々にひずみの濃度を増すヘヴィなギター・サウンド、憂いと陰影を濃くして正誤の軸が揺らいでいくパラノイア的なメロディとサウンド展開で、リスナーを揺さぶる「Perfake Perfect」。清濁併せ呑んだ危うげなバランスで成り立った人の心の繊細さ、脆さ、そのカオスを捉えていく曲はまさに凛として時雨の真骨頂で、特に後半の鬼気迫るアンサンブル、各楽器の咆哮が凄まじい。今作は、アニメ開始時からTV、劇場版と主題歌を担い作品の世界観を彩ってきた"PSYCHO-PASS"の舞台版"舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice 2"の主題歌として書き下ろされた。c/w含め、作品のファンもカタルシスを味わえる1枚だ。 吉羽 さおり