MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

A Different Shade Of Blue

KNOCKED LOOSE

『A Different Shade Of Blue』

Release Date : 2019-08-23
Label : ICE GRILL$

CD : ¥1,980 → ¥1,675
amazonTOWER RECORDSTOWERHMV icon

ケンタッキー州オールダム出身、近年盛り上がりを見せるメタルコア・リヴァイヴァルにおける最重要バンドのひとつであるKNOCKED LOOSEが、約3年ぶりの新作となる2ndアルバムをリリース。前作に引き続きWill Putney(FIT FOR AN AUTOPSY/END/Gt)をプロデューサーに起用し、ライヴの激しさをそのまま詰め込んだかのようなヘヴィで生々しいサウンドに。90年代のスウェディッシュ・デス・メタルやメタルコアをベースに、徹底的に落とすブルータリティ溢れるモッシュ・パートや、SLAYERからの流れを汲むスラッシーなファスト・パートに乗せて、怒りに満ちた咆哮を浴びせるトラックの数々は強烈のひと言。現行ハードコア・シーンを語るうえで外せない1枚となるだろう。 菅谷 透