MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Kill The Sun

CANE HILL

『Kill The Sun』

Release Date : 2019-02-15
Label : Rise Records
¥999

前作から1年というスパンでCANE HILLがリリースする6曲入りの新作EPは、前作の2ndアルバム『Too Far Gone』で見せた、ニューメタルの影響が色濃いグルーヴィ且つアグレッシヴなスタイルとは打って変わって、アコースティック・ギターとクリーン・ヴォイスを大々的にフィーチャーし、バンドのメロウな側面を強調した挑戦的な異色作となった。ラウドな要素をほぼ排除した結果、楽曲の持つ退廃的でダウナーな雰囲気がかえって増加しているが、巧みなコーラス・ワークとアレンジメントで聴きづらさを感じさせないのは流石。Corey Taylor(SLIPKNOT/STONE SOUR)を思わせる、Elijah Wittの歌心溢れる歌唱も聴き応え十分で、新機軸を堪能できる1枚だ。 菅谷 透