MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Into The Pitch Black

MORS SUBITA

『Into The Pitch Black』

Release Date : 2018-04-13
Label : Inverse

"Suomi Feast 2018"での初来日も決定している、Mika Lammassaari(Gt/ETERNAL TEARS OF SORROW/WOLFHEART)率いるフィンランド出身メロディック・デス・メタル・バンド、MORS SUBITAの3rdアルバム。初っ端からアクセル全開の「As Humanity Weeps」、スネア・カウントからのブラストビートで暴れ狂う「Fear Is Just The Beginning」など、彼らの持ち味である、硬質な低音リフで爆走する攻撃的且つモダンな音楽性はさらに強烈に。また、バンドが併せ持つヘヴィネスとメロディ・センスも強化されており、叙情的なリードが映える表題曲など楽曲の幅も広がっている。アグレッションとキャッチーなメロディが同居した今作は、メタラーのみならずラウドロック・ファンも一聴の価値ありだ。 菅谷 透