MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Drug in Me Is You

言わずと知れた、ドラッグや暴行事件などの不祥事を起こしてバンドを追い出されたESCAPE THE FATEの初代ヴォーカリストRonnie Radkeが、新バンドFALLING IN REVERSEを結成して遂にシーンに帰還した。こちらも前身バンドのETFに対抗意識をメラメラと燃やしたような80'sメタルを気取るチャラ男集団(笑)で、ETFを思わずにはいられないメタリックなヘヴィ・サウンドを軸としているものの、キャッチーなメロディを前面におし出し、スクリームはあるが控えめな印象だ。今作のトレイラーでも自身の逮捕歴も完全にネタにしちゃっているし、リード・トラック「The Drug In Me Is You」のPVでも美女をはべらせているなど、相変わらずブッ飛んでいるRonnie。また私たちをハラハラさせてくれそうです! MAY-E