MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Symptoms + Cures

COMEBACK KID

『Symptoms + Cures』

Release Date : 2010-08-31
Label : Victory Records

05年リリースの傑作アルバム『Wake The Dead』リリース以降に脱退したヴォーカルScott Wadeがファンの間では今でも根強く支持されており、07年リリースの前作『Broadcasting...』では新ヴォーカリストAndrew Neufeldを含め厳しい評価を下された彼ら。今作ももしかしたら先入観で同様の評価をする方がいるかもしれないが、もし聴かず嫌いであるならばぜひ新しいラインナップの彼らにも耳を傾けて欲しい。Andrewのザラッとした声質に合わせてかサウンドも若干メロディック・ハードコア然となっているが、それがまた実にカッコいい。A WILHELM SCREAMのNuno、CANCER BATSのLiam、ARCHTECTSのSamという3人のヴォーカリストの参加は半端なくアツい。 ムラオカ