MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

2012: Zwanzig Zwolf

HANZEL UND GRETYL

『2012: Zwanzig Zwolf』

Release Date : 2008-02-05
Label : Metropolis Records

男女混合インダストリアルメタルユニットHANZEL UND GRETYL(ドイツ語だが、グリム童話のヘンゼルとグレーテルのことだ)の最新作。95年に1stアルバムがリリースされており既にベテランの域に達している。昨年はCRADLE OF FILTHとツアーを行い、KERRANG!誌のライブ評では4K(満点は5K)を獲得したそうだ。MINISTRYの無機質的攻撃性とRAMMSTEINのエグさを足したような音楽といえばわかりやすいかもしれない。もちろん全編ドイツ語で歌われていることもエグさの決め手だろう。生臭い血の匂いが伝わってくる音楽だ。ドイツ文学、グリム童話のヘンゼルとグレーテルの物語は皆さんご存知だと思うが、最後は魔女を焼き殺してしまうという、非常に怖い物語。彼らは、この残虐性を含む、いかにもドイツ的な世界観を体現しようとしているのだろうか?M12「Sternkrieg」は激ロック映えする曲!ただひとつ、全体を通してもう少しリズムに柔軟性が加わればもっと面白くなるだろう。(KAORU)